Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2017-09

ミモザの咲く町から-ヒッチハイクがしたかった... - 2014.03.14 Fri

エズ村でのんびりした後、ふと思いついて
イタリア国境近くの町、マントンヘ行ってみることにしました。

バス停の時刻を調べると
次のバスが来るまで1時間ちょっと時間がありました。
事前にバスの時刻を調べておくべきだったと後悔...泣。
途中で乗り換えてマントン行きのバスを捕まえるつもりでした。
相方が
-天気もいいことだし、途中のバス停まで歩こう!
一体、一区間どのくらいの距離があるのでしょう...??
7日間有効のバス&トラム・チケットを買った時にもらった路線図と
バスの時刻表をにらめっこしながら考えました。
幸いホテルのお部屋にあったチョコレートやミネラルウォーター、
ロンドンから持ってきたミカンやお手製の「きなこクッキー」を
バックにしのばせていましたから
意を決して歩くことにしました。

131 [800x600]

歩道もあるのですが、歩いている人は見かけませんでした。
時折、スピードを出した車が通り過ぎていきます。

080 [800x600]
高台から見下ろすとプールのある家(ヴィラ?)がたくさん見えました...!

130 [800x600] 

桜?もミモザも満開...!

015 [800x600]

時計を見ながら、
-まだ大丈夫そう!
と言いながら、また次のバス停を目指して歩き続けました。

歩き始めて30、40分ほどたったころ、
道が二つに別れました。
村の方に続きそうな細い道と
高速道路へ続く大きな車道。
運命の分かれ道...ではないけれど、迷った末
私たちは大きな車道をえらびました。
15分ほど歩いてようやく次のバス停に到達すると
違うルートのバス停でした。
思わず泣きが入りそうになりました。
慌てて、来た道を引き返します。
-次のバスを逃してしまうかもしれない...!!
と焦りました。
-大丈夫、間に合うさ。
私とは対照的にのんきに構えながら、悠々と歩いている相方が
ひどくもどかく感じました(汗。

137 [800x600]
歩きながら見たコートダジュール。

結局は、バスが到着する前に、ひとつ前のバス停に戻れました。
胸をなでおろしながら、ミカンを頬張り、
お水をごくごく飲みました。
沢山歩いて、冷汗もかいた体のほてりを鎮めるために。

今回の旅も、大まかに行きたい所だけを決めて、
あとは、その時考えよう・・・なんてのんきな旅でした。
が、計画性はある程度必要ですね...泣。
公共の交通機関に頼る旅ならば、なおさらです。

138 [800x600]

バスがやってきたときには、どんなにほっとしたことか。
途中の乗り換えもうまくいきました。
マントンまでは手持ちのパスが使えませんので
別途1.50ユーロを払いました。バス代もとっても安いです♪

終点マントンまで、バスはコートダジュール沿いを走ります。

140 [800x600]

途中、バスは「ハイソ」で、こじんまりとしたモナコを通り過ぎます。

144 [800x600]
バスからの景色は本当に美しく、忘れ難いものでした...。

40分ほどでマントンに到着しました!
カジノ前で下車し海岸沿いを歩くことにしました。

148 [800x600]

これは後で知ったことですが、エズ村からふもとに降りる
「ニーチェの道」という山道があるそうです。
ニーチェが「ツァラトゥストラかく語りき」の構想を練りながら歩いた道だとか。
急な坂道で険しい道らしいですが、
運動靴もはいていたし(スカートを履いてましたが...)
あんな国道を歩いて、冷汗をかく羽目になるのならば、
「ニーチェの道」をハイキングしながら下山したかった・・・と
つくづく思います。
やはり旅にガイドブックは必要なのかもしれませんね。
今回の旅はガイドブックさえ持っていませんでしたから。
必要なことがあればインタ-ネットで調べればいいや...
なんて軽く考えて。

147 [800x600]

ニーチェの道を歩けなかったこと、
実は今でもとても心残りなのです...。

春が来た... «  | BLOG TOP |  » ミモザの咲く町から-鷲の巣村・エズ

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’17 (34)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'17 (31)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (20)
お菓子作り-2017 (36)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (47)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (16)
 -小林カツ代さん (11)
 -加藤久美子さん (9)
 -山本麗子さん (6)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (8)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (12)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (8)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (20)
 -大原照子さん (14)
 -北野佐久子さん (15)
 -マーマレード作り (13)
アメリカン・ケーキ (40)
 -渡辺みなみさん (26)
 -アーミッシュの焼き菓子 (16)
「和」のおやつ (15)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (13)
 -入江麻木さん (9)
 -赤毛のアンのレシピ (13)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (83)
ロンドン (83)
植物 (157)
見る 聴く 読む (37)
身の回りのもの (68)
旅-日本 (48)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ドイツ (7)
 -フランス (46)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (32)
 -ベルギー (16)
 -イタリア (25)
未分類 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する