Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2017-08

最高のディナー - 2014.02.14 Fri

ある晩、相方のダイビング友、ニック宅にディナーに招待されました。
到着するとシャンペンを勧められ
-クレーム・ド・カシス(カシスの甘いリキュール)を入れてどう?
と言われて、きょとんとしました。
それが「キール・ロワイヤル」という名のカクテルであることを
初めて知りました。
それまで、シャンペンのカクテルと言えば
オレンジジュースを加える「ミモザ」くらいしか知りませんでしたから。
お酒を飲まない私は、オレンジジュースをいただきました(^^;

しばらくキッチンで立ち話しをした後、
ディナーが始まりました。
ダイニングルームに案内されるとテーブルの上にはキャンドルが点り、
チャイニーズ風のお皿がテーブルの上にきれいに並べられていました。
日本人がそんなお皿を使うと妙に馴染んでしまうのですが
イギリス人が東洋のお皿を使うと
なんだか粋に思えてくるから不思議です(笑。
食事がはじまるとニックが部屋の照明を落としました。

前菜は地中海風のセラミック皿に盛られた
手作りのグアカモレ(アボガドディップ)とフモス(ひよこ豆のディップ)。
サワードウのパンと一緒にいただきましたが、
スーパーで売っているものと比べ物にならないくらい新鮮で
いくらでもいけそううでした。
-このフモスすごくおいしい!
と私の隣に座ったニックに声をかけると
-隠し味にクミンをほんの少し加えているんだよ!
とウィンク。

メインはフィッシュ・パイでした。
付け合わせは香りのよいハーブをまぶしたロースト・ベジタブル。
フィッシュ・パイもソースがさらっとして、
サーモンやタラがゴロゴロ、ゆで卵まで入っていて、びっくりしました。
お魚の上に広げたマッシュポテトは薄めで
お腹に重くたまることもなさそうです。
フィッシュパイがこんなにも美味しいなんて
それまで感じたことがありませんでした。

メインが終わるとワインを飲みながら、(私はお水で...)
チーズをいただきました。
カマンベールはクリーミーでとろけるよう!
-常温で熟成させたからね。
とニックがさらりと答えます。
フランス人のダイビング仲間が
デザートの前のチーズはとっても嬉しい!!
(フランス式だったのですね)
思わずドキリとして、
チーズはほんの少しでやめておきました。

そして、最後にチャイナ風の大皿に載せられた「パブロバ」が登場。
焼いたメレンゲの上には酸味のあるプラム・コンポート。
泡立てた生クリームがコンポートの上にふんわり。
パブロバにはベリー類をのせることが多いけれど
プラム・コンポートをのせてもいいんだぁ・・・!と目から鱗でした。
プラムの酸味とメレンゲの甘み、クリームが見事にマッチしていました。
中途半端に残ったパブロバ。
-メレンゲが湿っちゃうから、誰か食べきってくれないかなぁ?
と懇願するように言うニック。
作った人の気持が痛いほど分かったけれど、もうお腹いっぱいで
それ以上は到底無理でした...。

-食後のコーヒーは?
と行ってキッチンに消えたニック。
しばらくするとガラガラという音がキッチンから聞こえてきました。
-あの音って...?
-もしかしてコーヒー、挽いているとか?!
みんなで顔を見合わせると
-南米産の「フェア・トレード」コーヒー淹れたよ。
 もっとくつろげる居間でコーヒーを飲もう!

実は、この晩は軽い気持ちで出かけたのでした。
カジュアルなディナーと言われていたので。
7時に訪れて、ニック宅を後にしたのが日付けが変わる少し前でした。
まさか、一番印象的で、一番美味なディナーを
いただくことになるなんて夢にも思っていませんでした。
至れり尽くせりのおもてなしにも心から感謝でした。

現役から退き、時間的に余裕はあるとはいえ、
下準備にもずいぶん時間がかかったはずです。
本人は、それほどでもないよとサラッと答えていましたが。
彼はほんとに美味しいもの、おいしい食べ方を
熟知している人なのではないかと思いました。
そんなイギリス人もいるのです(失言、失礼!)
この晩は感嘆しどうし。ほんとうに勉強になりました。

013 [800x600]

ニックのところで食べたフィッシュ・パイが
あまりに美味しかったのでうちでもフィッシュ・パイを作ってみました。
私が作るつもりだったのに、
相方が自分がやる!と言ってお料理の本を片手に
フィッシュパイに初挑戦。
相方の作ったフィッシュ・パイもなかなかでした。

アマンダ・ヘッサー のアマンダの恋のお料理ノートを読んだ時も影響を受けましたが
今年はお料理にももう少し力を入れて新しいレシピにも挑戦してみよう・・・!
と改めて思いました。
普段は簡単で、すぐできるものばかり作っていますので(汗。
来月、相方は料理上手なニックとボルネオへ旅立ちます。
もちろんダイビングするために...!

----
日本は雪がひどいようですね。
イギリスも強風や大雨で各地が水浸しになっています。
今週末はこちらも再び天気が荒れるそう...。
どうぞお気をつけて良い週末を過ごしください。

夜中にあんを練る... «  | BLOG TOP |  » さくらんぼジャム

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’17 (31)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'17 (29)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (20)
お菓子作り-2017 (34)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (46)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (15)
 -小林カツ代さん (11)
 -加藤久美子さん (9)
 -山本麗子さん (6)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (8)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (11)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (8)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (15)
 -大原照子さん (13)
 -北野佐久子さん (14)
 -マーマレード作り (13)
アメリカン・ケーキ (38)
 -渡辺みなみさん (25)
 -アーミッシュの焼き菓子 (15)
「和」のおやつ (14)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (13)
 -入江麻木さん (9)
 -赤毛のアンのレシピ (13)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (81)
ロンドン (83)
植物 (156)
見る 聴く 読む (37)
身の回りのもの (68)
旅-日本 (48)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ドイツ (7)
 -フランス (46)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (32)
 -ベルギー (15)
 -イタリア (25)
未分類 (0)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する