Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2017-08

「non・no」の記憶 - 2014.05.16 Fri

「non・noケーキブック(ノンノ・ケーキブック)」は
ノンノ誌上で紹介されたスィーツ・レシピを選りすぐり、
一冊にまとめたお菓子作りの本です。
(以前、さくらんぼのクラフティーの雑記でほんの少しだけご紹介しましたが...)

005 [800x600]

「non・noケーキブック」のPart1、ケーキ・カレンダー「春」のページは
乙女心をかきたてるようなロマチックな文章で始まります。

 憶えていますか?あなたと野いちごを摘んだ丘に、今年も春も巡ってきました。
 野原を渡ってきた優しい風が、春の予感を伝えてくれた日、ケーキを焼きました。
 その日から、まだ何日もたっていないと思っていたのに野原には甘い風が流れ、
 花と緑が生命の詩を歌っています...


この本、学校帰りによく立ち読みしてた本屋さんで買いましたから
30年以上前に出版された「古書」になります(^^;
故宮川敏子さん、故入江麻木さん、故川上のぶさん、
今田美奈子さん、上野万梨子さん、大原照子さん、、城戸崎愛さん、森山サチ子さん他、
錚々たるメンバーがお菓子の製作と指導にあたっています。
上級者向けにも思える目にも美しい洗練されたレシピもたくさん。
スィーツにまつわるエッセイや記事も満載で
お菓子を作らなくっても、読み物としても十分楽しめる一冊です。
当時、肝心の勉強はそっちのけで、この本を眺めながら、
夢を膨らませ、せっせと現実逃避してました(^^;

本をそばにおいて、見ながらお菓子を作っていたので
生地が飛び散ったページもあります。
ヨレて、本体から離れかかったページも...。

裏表紙にいったては誤ってガスの火であぶってしまったので、
「やけど」の跡が残って痛ましいです。
ずいぶん雑に扱ってしまったものです...溜息。

春のお菓子に紹介されたレシピは、「いちごのパリブレスト」(写真左)。
その昔、一度だけ挑戦しました。
IMG_0192 [800x600] IMG_5818 [800x600]
(右写真はサバラン。「サバラン」という言葉の響きにもあこがれました...)

写真のような美しい仕上がりではありませんでしたが(^^
生クリームを加えた上品なカスタードクリームをはさんだ「パリ・ブレスト」を
ほおばった時の感動は今でも覚えています。
また挑戦したいなんて思いながらも、なかなか気軽に取り掛かれず
今に至ってしまいました・・・汗。

イラストもスタイリングも昭和レトロ風。
IMG_5805 [800x600] IMG_5792 [800x600] 

ページの隅から隅まで手を抜かず、ファンタジーの世界を演出する
「昭和」の菓子作りの演出にはため息が出ます。

IMG_5802 [800x600] IMG_5810 [800x600]

この本の思い出は、また別の機会に書いてみたいなあと思っています。
前置きが長~くなってしまいましたが、
実は、この本で一番忘れ難いのは表紙の内側の写真なのです。

IMG_2586 [800x600]

中世を彷彿させるヨーロッパのオープン・カフェの光景は
十代の田舎少女には、かなり衝撃的でした。

IMG_5821 [800x600]

西洋の人が、こんな風に優雅に外のテラスでお茶を楽しんだりすることにも。
ヨーロッパへの憧れをさらに積もらせたのです(^^
当時、この写真は何故かフランスで撮られたものに違いないと思い込んでいました。

昨年、何気なく相方にと聞いてみました。
-ここってどこだと思う?
じっと写真に目を凝らした後、相方が答えました。
ブルージュじゃないか?
 写真の左端に「Taverne Brugeoise」って書いてあるから。


早速、インターネットでブルージュを検索かけてみると
ブルージュでこの写真を撮られた広場を発見できました。
そこはブルージュ旧市街の中心地「マルクト広場」だったのです。
広場の写真をPCの画面で眺めながら思わずジーンときました。
それから同じく気になっていた
本の裏表紙の内側の写真も検索してみました。
建物に書かれた文字を頼りに...。
IMG_2569 [800x600]

こちらは、ブリュッセルのグランパレスであることがわかりました。
(こちらは長年パリであると思い込んでました...汗)
グランパレスには3、4回ほど行っているのに、全然気が付きませんでした。
何よりもノンノ・ケーキブックにベルギーの写真が使われていたことが
ひどく意外でした。
実はブルージュも20年以上前に訪れたことがあるのです。
駆け足の滞在だったのでしょうか?悲しいくらい記憶がありません...。
それ以来、この目で、「マルクト広場」を見てみたいという思いが次第に強くなりました。
そして、5月初旬の3連休を利用し、ブルージュへ行ってしまいました。

008 [800x600]

少女のころ憧れた「ギルドハウス」のカフェは
カフェの庇の色こそ変わってしまいましたが、
写真とほぼ同じ姿でそこに存在していました。

012 [800x600]
太陽をさんさんと浴びながら、憧れた「ギルド・ハウス」のカフェで
くつろぐ人々も・・・(ほとんどが観光客です)。

写真の整理にまだ手間取っていますが(^^;
旅の雑記を少しずつ更新していけたらと思っています。
しばらく他愛ない「ブルージュ」ネタが多くなるかと思います。
気長にお付き合いいただけたら嬉しいです(^^

トラックバック

http://isisinuk.blog119.fc2.com/tb.php/2207-1837772f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ねこの鏡?! «  | BLOG TOP |  » チェリータルト

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’17 (31)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'17 (29)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (20)
お菓子作り-2017 (34)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (46)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (16)
 -小林カツ代さん (11)
 -加藤久美子さん (9)
 -山本麗子さん (6)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (8)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (11)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (8)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (15)
 -大原照子さん (13)
 -北野佐久子さん (14)
 -マーマレード作り (13)
アメリカン・ケーキ (38)
 -渡辺みなみさん (25)
 -アーミッシュの焼き菓子 (15)
「和」のおやつ (14)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (13)
 -入江麻木さん (9)
 -赤毛のアンのレシピ (13)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (81)
ロンドン (83)
植物 (156)
見る 聴く 読む (37)
身の回りのもの (68)
旅-日本 (48)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ドイツ (7)
 -フランス (46)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (32)
 -ベルギー (15)
 -イタリア (25)
未分類 (0)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する