Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2017-05

MANUFACTURA - 2011.12.07 Wed

プラハに滞在中、何度も立ち寄ったお店、
「MANUFACTURA」

IMG_6828 [640x480]

可愛らしい木製のおもちゃをはじめ、
手作り温かさが伝わってくる伝統工芸品、
ナチュラル石鹸やシャンプーなどが売られている
素敵なお店でした。

IMG_6825 [640x480]

ガイドブックにも必ずと言っていいほど紹介されているし、
人気もあるのでしょうね。
プラハで少なくとも4軒ほど見かけました。

IMG_6988 [640x480]

今回の旅でロマンチストであることでなく
お買い物好きだったことが新たに発覚した悪友Yさん。
日本へのお土産探しにも、かなり熱が入っていました~笑。

IMG_7159 [800x600]
(ここで買ったほうろうびきのカップ。歯を磨くときに愛用しています)

-「MANUFACTURA」のビール・シャンプー買ってもいい~?

出発前からしきりに言っていた彼女。
水物を買ったら飛行機に乗る際、
スーツケースは預けなければなりません。
空港でチェックインの長い列に並びたくない「手荷物派」の私達は
-もちろんよ!
 私達は一足お先にゲートに入って、のんびりお茶でも飲んで待っているからね~!

聞かれるたびに、つれない返事をしていました(苦笑)。

IMG_7158 [800x600]
(小鳥さんの「知恵の輪」も買いました。ほぼ毎晩、格闘しているのに、未だに「かごの鳥」をやめようとしません…)

幸い、出国審査を抜けたターミナル内にも支店があったので
「置いてけぼり」を免れた悪友でした(苦笑)。
私達の冷淡な態度にもかかわらず、
空港ではお茶をご馳走してくれた心優しい彼女。
ユーロで支払ったら、為替レートが劣悪でひきつってました(汗)。

プラハからヒースロー空港に到着すると入国審査に
ものすごい長蛇の列が…。
「アイリス」(眼の形で身元確認)にしっかり登録している私ともう一人の悪友は
3分もかからずイミグレーションを抜けられました。

結局、彼女はイミグレを抜けるのに
二時間近くかかったそう!
薄情な私ともう一人の悪友、イミグレで足止めを食っている彼女を残し、
帰宅の途につきました。

最後にとんだ「オチ」がついてしまった彼女!
ほんとお気の毒でした…。

IMG_7245 [800x600]
(友人の忘れ形見の娘ちゃんに木のおもちゃを送りました。とっても喜んでくれたそうです…!)

***
しばらく続いたプラハの覚え書き、これが最後です。
読んでくださってありがとうございました。


トゥルデルニーク - 2011.12.07 Wed

プラハに到着して一番最初に口にしたものは…

IMG_6734 [640x480]

筒型で真ん中に穴が開いた「トゥルデルニーク」という
シナモン風味の菓子パン。

IMG_6775 [640x480]

焼きたての熱々のパンに三人のおばさんは大感動。
年甲斐もなくキャーキャー騒ぎながら、
ほお張りました。

IMG_7072 [640x480]
(バームクーヘンのように串刺しにして焼かれています)

初日の感動が忘れられず…

IMG_7026 [640x480]

翌日の夜、ディナーの後に広場の近くで
このパンを一つ買って3人でシェアーしました。
(デザートです)

IMG_6836 [640x480]

生地がイースト臭くって、いまひとつでした…。

プラハ最終日にも初日に買ったお店で買ってみましたが
冷め切っていて、最初の日の感動はもう得られませんでした。
焼き立てに勝るものないのです…。

IMG_6936 [640x480]

プラハでのお食事ですが
初日の晩はお肉料理が食べたい!という友人のリクエストで
チェコ料理のお店へ。
何軒かレストランを見て、結局ホテルの近くのお店に入りました。
雰囲気は良かったけれど、お味の方はまーまーでした。

2日目は私の希望でベジタリアン・レストランへ。
プラハの食事は一般的に量がけっこう多く完食するのが大変でした…汗。
ベジタリアン・レストランで隣の席のお客さんが飲んでいた
巨大なカップのジンジャー・ティーにも
目を見張るものがありましたし(苦笑)!

IMG_6938 [640x480]

今回、ホテルのリサーチは入念にしたけれど
レストランの方は、それほどしませんでした。

IMG_6956 [640x480]

旅には、行き当たりばったりも必要ですからね…笑。

-おまけ-

IMG_7088 [640x480]

悪友がスーパーで見つけて買ってくれた
猫舌ミルク・チョコレート!

聖ヴィート大聖堂にて - 2011.12.07 Wed

プラハ城にそびえ建つ大聖堂。

IMG_6778 [640x480]
(こちらは初日の夜、撮りました)

大聖堂のステンドグラスの一つはミュシャによって
製作されているそうです。
道先案内人役の悪友が教えてくれました。

プラハ最終日の朝、まだ人気の少ない大聖堂を
見学に行きました。

まず、ミュシャのステンドグラスの裏側からチェック。

IMG_7066 [640x480]

そして、いよいよ大聖堂の中へ…。

IMG_7040 [640x480]

お目当てのステンドグラスは修復中で、やぐらが建っていました。
しかも、ミュシャのステンドグラスのあるところだけは仕切りがあって
見学料を払わないと入れません…。
そういえば大聖堂近くの「黄金の小道」を歩くのも有料でした。
-3,4年前に訪れた時はフリーだったのに…!
と言葉を失う悪友。

修復・維持にもお金がかかるのでしょうね…。

-ここからならある程度ステンドグラスが見れるよ!

彼女が私のために写真を撮れる場所を見つけてくれました。
身を乗り出し、不自然な姿勢でシャッターを押してみましたが…

IMG_7043 [640x480]

結局、プラハ城内のお土産屋さんで
絵葉書を買いました…。

IMG_7091 [640x480]

またいつか、修復が終わったステンドグラスを見れる日が
来ますように…。
プラハを離れるまであと数時間。

IMG_7077 [640x480]

肌寒くどんより曇った街を少し歩きました。


プラハ-チョコ・カフェで頭を冷やす - 2011.12.02 Fri

ウィンドーショッピングを楽しみつつ街をぞろ歩き。
友人が日本人の方が経営しているこじんまりとしたビーズショップで
ビーズを買ったり、裏通りで見つけた雑貨屋さんをひやかしてみたり…。
途中、立ち寄ったアンティーク・ショップで
「アート・デコ」の美しいルビーのネックレスを見つけました。
少しピンクがかったスカーレット色のルビーと
ルビーに施された縁取りがこの上もなく上品で繊細…。
見とれているとお店のおじさんがすかさずショーケースから
ネックレスを取り出してくれました。

-Isis、案外ルビーの色が似合う。この際、買っちゃえば!!
とお店の回し者か?!と思えるような悪友Yが私をけしかけ…

虫眼鏡を覗きながらネックレスを品定めしている
非常に現実的な悪友Hは…
-ルビーでこの値段はお買い得よ!
 私だったらここで買い付けて、もっといい値段で転売する!

前日、私はガーネットのネックレスと運命的?!な出会いを
果たしたばかり。
女心ってなんて移り気なのでしょう…!
でも、自分にはひどく身分不相応な気がしました。
何よりも予算が…大汗。
-ねっ、近くのチョコ・カフェで頭冷やさせて!
と誘惑を振り切るように言いました。

前おきが長くなりましたが、
そうしてやってきたチョコレート・カフェ。

IMG_6925 [640x480]

私はホットチョコレートの「海塩」添えを注文しました。
それから出来立てのほんのり生暖かいチーズケーキも一緒に。

IMG_6912 [640x480]

彼女たちはクリームがてんこ盛りの…!!

IMG_6918 [640x480]

アプリコットたっぷりのスポンジケーキをお供に…。

IMG_6911 [640x480]

食べ物を残すのは苦手ですが…
さすがの私も濃厚などろっとしたチョコレート、
半分も飲めませんでした。
おまけにケーキまで頼んでしまいましたからね…。

ホリデー中だと気が緩んでつい大胆な行動に走ってしまうようです。

IMG_6919 [640x480]

もちろん、その後はランチが入る余地なし。
夜までお腹と胸が一杯でした。

このパワーフルなチョコレート、
ルビーのネックレスのことでがんじがらめになっていた頭を
スコーン!と空っぽにしてくれました。

IMG_6926 [640x480]

心を奪われかけた美しいルビーのネックレスとは
所詮「縁」がなかったのです・・・笑。

プラハ散策 - 2011.12.01 Thu

修道院を見学した後、トラムに乗りました。
トラムから見たカレル橋の眺めですが…

IMG_6867 [800x600]

実は無賃乗車をしました。
自動販売機であたふたしているうちにトラムが来てしまって
-とりあえず乗って中でチケット買おう!
と友人。
でも、車内ではチケットは買えませんでした。
抜き打ちで現れる検札官が乗り込んできたら…と思うとハラハラして
私は腰を浮かして座っていました。

-Isisって、ほんと気が小さい!
 ちゃんとお金だって握りしめてるし、
 払う意志があるってこと見せればいいのよ!

なんて悪友は悠然と構えていました(大汗)。
幸い「御用」にはならず目的地で下車できましたが…。

IMG_6876 [640x480]

古都プラハには斬新とも思える「ダンシング・ハウス」を見に
やってきました。

IMG_6868 [640x480]

マサリク河岸沿いをそぞろ歩きました。

IMG_6886 [640x480]

美しい建物が立ち並びます。

IMG_6895 [640x480]

フラホル合唱団の建物だそうです。

IMG_6883 [640x480]

IMG_6903 [640x480]

だんだん歩き疲れてきました。
ちょっとお茶でもしましょうか?

IMG_6965 [640x480]

そうそうチェコのアイドル?
もぐらのクルテル君も一緒に歩いてくれたんです!

カレル橋 - 2011.12.01 Thu

プラハ…といえばカレル橋。
滞在中、この有名な橋を何度も往復しました。

IMG_6977 [640x480]

10年以上前の真冬、プラハを訪れたことがあります。
あの時は雪がちらつき、凍てついて駆けるようにして、
この橋を渡りました。
あの時は、とにかく「寒かった」という思い出しかなくって…。

IMG_6976 [640x480]

IMG_6970 [640x480]

そして、プラハを流れるモルダウ河。

IMG_6972 [640x480]

-見て、これがモルダウ河よ!
 この河はプラハの街の悲しみも喜びもすべて見届けてきたのよ~!
と熱く語る友。

-う~ん、そうだね…。
モルダウ河を前に感慨深く佇む友人に
気のない返事を返し歩き続けた私ともう一人の悪友。

実は私も以前ブログにも書いたこともある中尾幸世さん主演のNHKドラマ、
「春・音の光 川」を思い出して浸っていたのです…苦笑。

IMG_6979 [640x480]
(ヴァーツラフ4世の命によって拷問を受け殺害された「聖ヤン・ネポムツキー」が川に投げ込まれた場所だそう…)

プラハに来た思い出に橋の上で三人一緒に
写真を撮ってもらいました。
カメラを握り締める私、
お土産を買ったバックを抱える悪友達…
いかにも観光客といういでたちで
疲れた顔をしながらも、にっこり微笑んで
写真に納まっています。

IMG_6971 [640x480]

私も悪友も写真を撮られるのはちょっと苦手。
でも、一枚くらい記念写真があってもいいですよね(笑)。

-余談-

夜のカレル橋は照明が思ったより暗く、
橋に両脇にたたずむ聖人たちが亡霊のように暗闇に浮き上がって
ちょっぴり不気味に思えました…苦笑。
また違った表情をみせてくれるカレル橋。

IMG_6816 [640x480]

ストラホフ修道院 - 2011.11.30 Wed

プラハ2日目も晴天でした。
朝食を済ませた後、意気揚々とホテルから歩いて15分ほどの
ストラホフ修道院に向かいました。

IMG_6843 [640x480]

途中、何気に見上げた標識が可愛かったので…
シャッターを押しました。

IMG_6844 [640x480]

立ち止まることが多い私に、
-またなんか撮ってるよ…
という悪友達の話し声が聞こえてきます。
写真はIsisに任せる…とか何とか言って
カメラを持ってこなかったお二人さんですが(苦笑)。

IMG_6846 [640x480]

息を切らしながら坂道をひたすら登ります。
ペトシーンの丘にあと少しで到着です。

IMG_6852 [640x480]

途中、修道院の見学を終えた中国や韓国からの団体さんと
すれちがいました。
入り口にはすでに日本人の団体さんが並んでいます。
私達も9時半過ぎにはホテルを出たつもりでしたが
先を越されてしまいました。
観光への意気込みはさすがです(笑)。

この修道院には「世界一美しい」といわれる図書館があります。
そして、写真撮影は有料。
集金箱用「マーガリン」の容器を大事に抱えたおばさまに
お支払いするとこんなシールがもらえました。

IMG_6865 [800x600]

団体さんたちは早々と立ち去っていったので
遠慮なく写真を撮ることができました。

「神学の間」と…

IMG_6858 [640x480]

「哲学の間」

IMG_6863 [640x480]

カメラを構えながら思わず溜息が…。

見学を終えて外に出るとヨーロッパからの観光客が
続々とやってきました。

IMG_6864 [640x480]

この後、プラハの中心地、旧市街広場へ
あちこち寄り道しながら向かいます。

IMG_6849 [640x480]

プラハ城で千鳥足・・・ - 2011.11.29 Tue

ホテルがプラハ城の側だったので、
高台にあるプラハ城に何度か足を運びました。
もちろん、お城からプラハの街を一望するために…!

プラハ二日目、観光から戻って、ホテルで少し休憩。
足が痛い~!と漏らして、
友人の一人はソファーの上でバタンキュー…。

IMG_6996 [640x480]

-夕暮れのプラハを見たいの~!
と言い続けていたもう一人の友人。
今回の旅で、彼女がかなりのロマンチストであることが発覚。
ソファーの上でテレビを見ている友人を残して
二人でプラハ城へいそいそと出かけました。

IMG_6993 [640x480]

夕暮れのプラハを眺めながらたそがれました。
(写真は上手く撮れませんでした…泣)

ホテルに帰る途中、普段口にしないホットワインを調子にのって
買ってしまいました。
友人に半分飲んでもらったけれど
そのうち体が火照って…

IMG_7000 [640x480]

ヨロヨロしてきました…。
千鳥足でこの階段を降り、
何とか無事にホテルにたどり着きました(汗)。
友人は私以上に酔いが回って辛そうでした。
少しお部屋で休んだら酔いがさめて無事、回復したのですが…。
それも今では微笑ましい旅の思い出(?!)。

こちらは朝のプラハ城からの眺め。

IMG_7058 [640x480]

プラハ最終日に撮りました。
ようやく「秋のプラハ」らしい天気?になり
どんより曇って、空気も刺すような冷たさでした。

Appia Residences - 2011.11.29 Tue

プラハのお宿はプラハ城の近くに位置するホテル、
Appia Residences

ローシーズンで安く泊まれたこともあり、
今回は「アパートメント」を予約しました。
キングサイズのベットが置かれた寝室が二つ、
簡易キッチン、ディナーテーブル、ソファーベットが
ある広々とした居間。
バスルームは二つありました。
(バスタブ付きのバスルームとシャワー付きのバスルーム)

IMG_6732 [640x480]

-TVがあればそれだけで幸せ~!
という「テレビっ子」の彼女は
居間のソファーベットで寝ることになり、
テレビにはこだわらない私ともう一人の悪友は
それぞれの寝室を一人で悠々と使わせてもらいました。

IMG_6731 [640x480]

バスルームが二つあると気を遣わずに済むし
ほんとに便利です。
お部屋にはバルコニーも付いていました。

湯沸かし器もあって、バルセロナのホテルとは違って
ティーバックやコーヒーも無料でふんだんにおいてあって
ほっとしました(笑)。
ディナーに出かける前にお部屋に戻って
広々とした居間で友人が持ってきた日本茶と
私が持参した「柿の種」をつまみながら
くつろぐこともできました。

天井の梁が見える屋根裏部屋のような空間でいただく
ビュッフェの朝食も楽しみにしていました。

IMG_6841 [640x480]

チェコのパンに興味津々…!

IMG_7032 [640x480]

お腹が一杯過ぎると歩けないので朝食は
程ほどにしようと心がけていたのですが…

IMG_7033 [640x480]

悪友たちはハムやソーセージ、ベークド・ビーンズまで
しっかり食べていました(笑)。

IMG_6842 [640x480]

その日の計画を立てたり、楽しくおしゃべりしながらいただく
朝食って楽しいですね。
(たいてい計画通りには行かなかったけれど…笑)

IMG_6840 [640x480]

寝るだけ…とは言ってもやっぱり泊まるところは
大切だと思います。
若い頃はリュックを背負ってユースや安ホテルを
泊まり歩いて旅をしましたが、
もはやそんな旅は出来ない…!
「快適さ」を優先する年代に達したということかなぁ…(^^;

************
Appia Residences
Šporkova 3/322
CZ – 118 00 PRAHA 1

ホテルは中心街から少し離れた丘の上にあるので、
行きはよいよい(下り坂)、帰りは怖い(上り坂)…
毎日ヒーヒー言いながら坂道を歩き、
かなりいい運動になりました。

大使館街なので安全とは言えば安全です。
(ドイツ、イタリア、アメリカ、日本大使館が近くにありました)
ただ、夜は極端に人通りが減って淋しくなります。
女三人だったから本当によかった…。
近くにあるレストランもローシーズンのせいか
夜は閑古鳥が鳴いていたし。
でも、ホテルの人は親切だし、お部屋も清潔です。
自由に使えるPCルームが改装中でしたが
こじんまりしたホテルのレセプションに設置されたPCを
快く使わせてもらえました。
おかげで無事、フライトのインターネット・チェックインも
済ませることができました。

インターネットを駆使して2,3日かけて
自分達の予算に合う居心地の良さそうなホテルを
探しまくった甲斐がありました(^^

プラハのマリオネット - 2011.11.26 Sat

プラハの街を歩いていて悪友が発した言葉…。

-あっ、あれを買わなくっちゃ!
-あれって何よ?
-「わら人形」!!
-それって、「わら人形」じゃなくって「操り人形」のことじゃないの?!

頼まれもののマリオネットを探す「旅の道連れ」に
私は冷ややかな視線と言葉を投げかけました。
もう一人の悪友は、「バカ受け」して笑い崩れていましたけど…。
-ここのお店はどう?
と悪友に声を掛けました。

IMG_6802 [640x480]

プラハ城の入り口にあったお店に
そろぞろと入りました。

IMG_6795 [640x480]

すぐに目が行ってしまうのは
やっぱりニャンコのマリオネット。

IMG_6791 [640x480]

こんな凛々しい騎士もいました。
思わずロンドンでお留守番しているプリンスを
思い出してしんみり…。

IMG_6797 [640x480]

ワラ人形…の彼女が探していた「H君」も
ここにいました!!
(店員さんにチェコ語の名前を教えてもらいましたが、覚えられませんでした…)
H君のお父さんとガールフレンドにはさまれて
おとなしく陳列されていました。

IMG_6793 [640x480]

初日に頼まれ物の買い物を済ませた悪友は
ほっとした表情。
もう一人の友人は彼女の「問題発言」に
まだニヤニヤしていましたが…。

プラハは人形劇が有名なのですね。
お土産屋さんでも操り人形が沢山売られていました。
オバマさんやマイケル(ジャクソン)の操り人形も
ありました…汗。

IMG_6758 [640x480]

こちらはアンティークのお店にあった「道化」のマリオネット。
風格がありますね。

今回は時間がありませんでしたが…
いつかまたプラハを訪れることがあれば
国立マリオネット劇場でドンジョバンニを見てみたいです…。

プラハ、夜のアンティーク・ショップにて - 2011.11.23 Wed

こちらもホテルの近くで見つけたカード専門?の
アンティークのお店。

中には入らなかったけれど…
店構えが素敵だったので思わず写真を一枚。

IMG_6807 [800x600]

突然立ち止まった私に気づくことなく(?)
どんどん先を歩いて行く悪友達。
私は小走りで彼女達の後を追いました(笑)。

後日、写真を見た悪友が言いました。

-こんな素敵なお店あったっけ?

プラハのアンティーク - 2011.11.23 Wed

プラハではアンティークショップを
あちこちで見かけました。

IMG_6735 [640x480]

アールヌボー、アートデコの繊細なアクセサリーが
ショーウィンドーを飾っていました。

IMG_6896 [640x480]

とても手に届くものではありませんが
ショーウィンドーに張り付いて溜息…。

IMG_6746 [640x480]

ホテルからそう遠くないところにも
素敵なアンティークショップがありました。
-写真はご自由にどうぞ!
 見たいものがあったら自由に手に取ってくださいね!

IMG_6761 [640x480]

若いお店の若いマダムはとっても気さくでやさしい。
パリとかだったら、こうはいかないかもねぇ…と
友人とささやきあいました(苦笑)。

IMG_6762 [640x480]

彼女のお言葉に甘えて、
写真を撮らせていただきました。
照明がちょっと暗かったし、
フラッシュをたくのは好きではないので
くっきりした写真が撮れませんでしたが…。

すごく気に入った写真たて。


IMG_6765 [640x480]

美しいものは高いと相場が決まっていますからねぇ…溜息。
欲しかったなぁ…。
(アップルとせっちゃんの写真を入れたかった…)

IMG_6767 [640x480]

チェコの民族衣装?

IMG_6740 [640x480]

レースやリネンも積み上げられていました。

IMG_6743 [640x480]

アンティークのお人形さんって怖いって感じることが多いけれど…

IMG_6741 [640x480]

この子はそんな風に感じませんでした。
今いる場所が居心地がいいからかしら…?!

IMG_6742 [640x480]

友人が購入したかえるのチョコレート(クッキー)型。

IMG_6750 [640x480]

私は魚の型をひとつ記念に買いました。

IMG_6749 [640x480]

こじんまりしたお店に所狭しと並べられた
アンティークやヴィンテージの小物の数々。
もともとどこで?誰の元で?暮らしていたのでしょうねぇ…。
彼らのヒソヒソというおしゃべりが
聞こえてきそうなお店でした。
実はここで魚の型のほかに
あるものと出会い、ロンドンに連れ帰りました…。
しかも初日、プラハに着いて数時間しかたっていないのに…!
それはまた後日、改めてご紹介しますね。
 
 ****

Antique Ahasver
(Prokopská 3)
このお店、日本の雑誌でも紹介されているようです。
日本からもレースとかの買い付けにくるそう…。
お店のマダムが掲載雑誌を見せてくれました。
-私、日本では有名なのね~
とおっっしゃっていました(笑)。

秋晴れプラハにて - 2011.11.23 Wed

プラハの写真と雑記も少しずつ更新したいと思います。

黄葉が美しいいいプラハを訪れたのが11月上旬。
今回の旅の道連れは個性の強い悪友二人。

IMG_6850 [640x480]

初めて一緒に繰り出す旅。
気心は知れていても、一体どんな「珍道中」になることやら…
出かける前はチラッと不安がよぎりました(苦笑)。

-これが顔を合わせる「最後」の機会になるかもね…
なんてふざけて(案外本気?)言い合っていましたし。

パリで貴重品の入ったバッグをトイレに置き忘れ時、
一緒だった悪友からもしっかり釘をさされました(汗)。
-Isis、貴重品だけは絶対忘れないようにしてよっ!
 あの出来事は私にとっても今でもトラウマなんだから!!

(すいません...涙)

IMG_6935 [640x480]

今回、お天気にも恵まれました。
最終日を除いて晴れ、気温も穏やかでした。
空港に迎えに来てくれたタクシー・サービスのお兄さんも
-今の時期、こんなに温かくって天気がいいのは珍しいよ…
と言ってました。
(地球の温暖化かなりすすんでいるのでしょうか...)

IMG_6958 [640x480]

お互い今まで知らなかった一面を
垣間見た三日間ではありましたが…
私たちの懸念は杞憂に終わりました。
喧嘩して険悪ムードになることもなく
和やかに?秋のプラハを楽しみました(苦笑)。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’17 (17)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'17 (17)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (20)
お菓子作り-2017 (23)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (46)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (15)
 -小林カツ代さん (11)
 -加藤久美子さん (8)
 -山本麗子さん (6)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (8)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (11)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (7)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (12)
 -大原照子さん (13)
 -北野佐久子さん (14)
 -マーマレード作り (13)
アメリカン・ケーキ (37)
 -渡辺みなみさん (25)
 -アーミッシュの焼き菓子 (15)
「和」のおやつ (14)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (13)
 -入江麻木さん (8)
 -赤毛のアンのレシピ (12)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (80)
ロンドン (80)
植物 (145)
見る 聴く 読む (37)
身の回りのもの (66)
旅-日本 (48)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ミュンヘン (6)
 -フランス (45)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (31)
 -ベルギー (15)
 -イタリア (25)
未分類 (0)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する