Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2017-08

さくらんぼのクラフティ - 2017.06.10 Sat

庭の桜の木にさくらんぼが
たくさん実り始めました。

20170605061523598.jpg

酸味が強いので
生食用ではないのですが
シロップ煮ならどうだろう...と
思いながら桜の木を
見上げています。

20170607040730845.jpg
芝生の上に落ちていた
さくらんぼ。

ただ、あまりに高いところに
実っていて棒を使っても
収穫は出来そうにもありません…。
鳥達のご馳走になっています(苦笑)。

201706050632468fc.jpg

そんなわけで?
市販のサワーチェリーの
シロップ煮を使って
クラフティーを焼きました。

2017060506154281f.jpg

上野万梨子さんのレシピ。
ナイフできれいに切り分けられる固さに
仕上げたクラフティです。

相方が生まれた日 - 2016.05.05 Thu

先月、相方の誕生日でした。
めずらしくバースデーケーキを焼いてみました。

IMG_8223 [800x600]
年齢数のキャンドルはケーキに乗り切れないので、
省略して3本のみ。

上野万梨子さんの「パリのお菓子屋さんのレシピ」に掲載された
モンモランシー・ワインクリームのチェリーケーキを
自己流にかなり手抜きして作りました。

IMG_8375 [640x480]

上野さんのケーキは、生地を絞り出し、まるで王冠のよう。
ケーキに挟む赤ワイン・チェリーコンポートも手作りで、
ゼラチンを加えた薄紫色のクリームも上品で
美しい仕上がり。

私は「ばら窓」型に生地を一気に流し込み
スポンジを焼きました。
フィリングは市販のキルシュ入りチェリー・コンポートで代用。

IMG_8226 [800x600]

それにしても、キャンドルもクリームもピンクだし、
相方にはふさわしくない「フェミニン」なケーキ(汗。
相方へのプレゼントは、渋く?
ニッカ・ウィスキー「竹鶴」を送りました。

今年、森瑤子さんの「望郷」を読んで、感銘を受けました。
マッサンとリタの出会い・生涯を描いた小説です。
マッサンのモルト・ウィスキーを
相方にも是非飲んでもらいたくなりました・・・。

ボストック - 2016.02.09 Tue

週末の朝、「ボストック」というブリオッシュを使った
焼き菓子を作りました。
しゃかしゃかとバターを練り、
粉砂糖・卵・アーモンドパウダーを加えて
アーモンド・クリームを作り、
冷凍庫に常備してあるブリオッシュ・トーストの上に広げます。
それから、オーブン・トースターでこんがり焼き上げれば
出来上がり。

IMG_6710 [640x480]
アーモンドスライスを切らしていて、
ボストックの上に飾れなかったのが、ちょっと心残りでした・・・(^^;

上野万梨子さんのオーブン料理の本で見て以来、
ずーと気になっていたレシピでしたが
ようやく試すことができました。

IMG_6715 [640x480]

焼きたては熱々でふわっ、
冷めたらカリッと心地よい歯ざわり。
一枚で二つのおいしさが楽しめました。
次回はアーモンドスライスをちゃんと準備して
焼いてみるつもりです♪

はちみつ入りバナナ・ブレッド - 2016.01.11 Mon

今年初めて焼いた「はちみつ入りのバナナ・ブレッド」。
オールスパイスとレモンジュース、
レモンの皮をすりおろし1個分も加えて風味よく。

バナナケーキ(ブレッド)に関しては、保守的で(?!)
はちみつやスパイス類は加えず、
シンプルに焼き上げる方が好き。
でも今年は、普段あまりやらないことを
挑戦してみようと思っています(^^

上野さんのこのレシピで以前一度だけ焼いたことがあります。
分量はきちんと守ったつもりですが
もっちりとした仕上がりになりました...。
水分が多かったからでしょう。
今回は、バナナ1本のところを3分の2の量で。

焼きあがると、心配ですぐにナイフを入れました。
スポンジ風にふんわり焼けていて、ほっとしました。

IMG_6324 [1024x768]
ラムレーズンも加えています(^^

翌日にはケーキがしまって、固めの食感。
レシピに書いてある通り、オーブントースターで温めてみたら
前日のふんわり感がよみがえりました(^^

レシピは上野万梨子のオーブン料理から。
普段、あまり手に取ることがなく
本棚で眠っています...。
手軽にできそうなレシピは少なめですが
今年は色々作ってみたい・・・
というわけ早速、「チーズのおつまみシュー」を
焼いてみました。

IMG_6271 [1024x768]

チーズ入りのシューなんて初めて。
けしの実をちらすのもユニーク。
もっちっとしていますが、なかなかいける!
シャンパンやドライな白ワインのお供に
ぴったりなのだそう(^^
私もお酒がたしなめたらいいのになぁ...。

さて、次はどんなレシピに挑戦してみましょうか...?

チェリー・クラフティー - 2014.08.29 Fri

スペイン産のチェリーの値段がお手頃になった時期に焼いた
チェリークラフティーです。
夏にクラフティーなんてちょっと季節外れに思われるかもしれませんが、
一度は旬のチェリーをふんだんに使ったクラフティーを頬張りたくって...(^^

009 [800x600]
レシピは上野万梨子さんの著書「パリのお菓子屋さんのレシピ 」から。

上野さんの「お菓子屋さんのチェリークラフティ」は
冷まして切り分けていただくタイプのものですが...
私は「焼きたて」と「冷たいクラフティー」の両方を
楽しみました(^^

上野万梨子さん関連雑記
ビスキュイ
素朴なチョコレートケーキ
洋梨のタルト
チェリー・クラフティー

洋梨のタルト - 2014.08.13 Wed

日本はまだまだ暑いようですね。
最近のロンドンは、早朝の空気がツーンと澄んでいて、
秋の訪れが近いことを予感させます。
日も短くなってきていますしね...溜息。
ハリケーン「バーサ」が横切った時に
秋も一緒に連れてきてしまったのでしょうか。
でも、今年の夏は(相変わらず短かったけれど)
夏らいし夏だったので満足しています。

先日、友人から洋梨をいただいたので、
季節をちょと先取りした?秋めいたタルトを焼いてみました。

036 [800x600]

洋梨はバニラ・ビーンズを加えたシロップで煮ました。
肉厚で缶詰の洋梨を使うよりもずっと食べ応えがあります。

035 [800x600]

「洋梨のタルト」レシピは上野万梨子さんのこの本から。
レスパース装丁の小粋なレシピ本です。
スィーツのレシピが知りたくって買った本だったので
お料理のレシピはまだ一度も試していません(苦笑。
上野さんのタルト、梨のヘタを残し、
縦半分にスライスした果物をギュッと詰めこんで焼きます。
その大胆さに惹かれ、ずっと試してみたいと思っていました(^^

043 [800x600]

甘さはだいぶ控えめにして焼きました。
しっとりとした洋梨とアーモンドクリーム、
サクサクのタルト生地の組み合わせがたまらない!と
おすそ分けした同僚たちから嬉しいコメントをいただきました。
手間をかけて焼いた甲斐がありました(^^

上野万梨子さん関連雑記
ビスキュイ
素朴なチョコレートケーキ
洋梨のタルト
チェリー・クラフティー

洋梨のタルト関連雑記
洋梨の素朴なタルト

ビスキュイ 二種 - 2014.04.16 Wed

上野万梨子さんの「ガトー・ショコラ」がうまく焼けたのに気をよくし、
上野さんの著書「「パリのお菓子屋さんのレシピ」から
ビスキュイ・ルーレ(薄焼きケーキのジャムロール)の配合で
スポンジを焼いてみました。

002 [800x600]

玉子はいつもの如く共立てに。

003 [800x600] 004 [800x600]

焼きあがったら、冷蔵庫に眠っていたマロンクリームをサンドしようという
思惑があったのですが...

006 [800x600]

ふんわり焼き上がったスポンジを目の前にしたら、
マロンクリームをサンドせず、
粉砂糖を振って薄化粧さえもほどこさず...

007 [800x600]

そのままかぶりつきたくなってしまいました。
というわけで相変わらず「焼きっぱなし」のケーキに。
シンプルだけど、羽根のように軽い口当たりに
気持ちまで和んできそうでした...涙。

それから、すでに何度か焼いてすっかり私の定番になった
堀井さんの「カステラ風スポンジ」。
前回は「アールグレイ・ティーのカステラ」にしてみましたが
今回も趣向を変え、抹茶を加えて焼いてみました。
美味しそうなクリーム色に泡立った卵に、
抹茶を加えた粉をふるいながら加えると
抹茶の良い香りがふわっと香り立ち
めまいがしそうなくらいでした(^^

029 [800x600]

若草色のカステラは、目にも鮮やかです(^^

上野万梨子さん関連雑記
ビスキュイ
素朴なチョコレートケーキ
洋梨のタルト
チェリー・クラフティー

素朴なチョコレートケーキ - 2014.04.07 Mon

初めて上野万梨子さんのレシピで「素朴なチョコレートケーキ」という名の
ガトー・ショコラを焼いてみました。

001 [800x600]

いつものごとく、勝手に粉やお砂糖、バターはやや控えめにして。
平日の夜、何度も焼いてみようかな・・・と思ったのですが
チョコレートを湯煎するボール、
卵白を泡立てるボール、
バター、お砂糖、卵黄をかき混ぜるボール、
合わせて3つもボールを使うんだぁ...と思うと
なかなか重い腰が上がらず(苦笑。
週末の朝、ようやく取り掛かれました。

002 [800x600]

「素朴」という言葉とは裏腹に、おどろくほど軽く、きめ細やかな食感。
メレンゲを混ぜ込むだけでなく、粉砂糖も使うせいでしょうか?
予想以上に上品で繊細な味でびっくりしました。

レシピは
「パリのお菓子屋さんのレシピ-簡単に作れるパリジェンヌの好きなおいしいお菓子」 から。
パリの何気ないスナップが散りばめられた雰囲気のあるお菓子の本。
ずっと前から持っているのに眺めてばかりで
それまで一度もこの本からのレシピでお菓子を
焼いたことがありませんでした。
手軽にできそうな焼きっぱなしのレシピもいくつか掲載されていますから
またいろいろ焼いてみたいです。
こうしてまた「試したいレシピ」のリストがどんどん増えていきます(苦笑。

ケーキが焼き上がった後、悪友たちに会いにリッチモンドまで
出かけました。

035 [800x600]

こちらは今、濃いピンクの八重桜が賑やかに咲いています。

036 [800x600]

丘の上のセルフサービスのカフェで
テムズ河を見下ろしながらお茶しました。

026 [800x600]

ちょっと肌寒かったけれど外のテラスで
厚めに切り分けた焼きたてのガトーショコラを頬張りました。
味にうるさい彼女たちにも大好評でした(^^

上野万梨子さん関連雑記
ビスキュイ
素朴なチョコレートケーキ
洋梨のタルト
チェリー・クラフティー

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’17 (31)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'17 (29)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (20)
お菓子作り-2017 (34)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (46)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (16)
 -小林カツ代さん (11)
 -加藤久美子さん (9)
 -山本麗子さん (6)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (8)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (11)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (8)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (15)
 -大原照子さん (13)
 -北野佐久子さん (14)
 -マーマレード作り (13)
アメリカン・ケーキ (38)
 -渡辺みなみさん (25)
 -アーミッシュの焼き菓子 (15)
「和」のおやつ (14)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (13)
 -入江麻木さん (9)
 -赤毛のアンのレシピ (13)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (81)
ロンドン (83)
植物 (156)
見る 聴く 読む (37)
身の回りのもの (68)
旅-日本 (48)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ドイツ (7)
 -フランス (46)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (32)
 -ベルギー (15)
 -イタリア (25)
未分類 (0)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する