Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2017-04

キラキラ… - 2010.12.30 Thu

クリスマスのお休みの間、ネイルの上手な友人が
爪のお手入れをしてくれた。


IMG_0370 [640x480]


ハンドクリームをたっぷりつけて
手も丹念にマッサージしてもらったし…!


IMG_0360 [640x480]


爪もこんなにキラキラ!
肌もすべすべ。

なんだか女の子に戻った気分…笑。
爪を見るたび、思わずにんまり。

ねっ、可愛いでしょ?


クリスマスが明けて… - 2010.12.28 Tue

クリスマスも無事終わり、再び出勤。

暗い朝道、歩いている人もほとんどいないし、
車も数えるほどしか走っていない…。

もちろん、電車もガラガラ。
楽勝で座れて、スムーズに会社につけるのが
なによりも嬉しい…!

いつもこうだったら出勤も苦にならないのに!


IMG_0309 [640x480]


クリスマス・イブ、ロンドンにやってきた友人を
ケンジントンにご案内しました。

お連れしようと思っていたミュージアムもカフェも
すべてクローズ…。

イブってお店以外、ほとんど閉まっちゃうなんて。
こんな日に観光なんてしたことなかったから
知らなかった(苦笑)。

当てが外れて、雪が残る閑散としたケンジントン・ガーデンを
散策して、ケンジントン・パレスへ。

寒い中、そんなことしてたので
私も友人も風邪を引いてしまった。

そんなわけでクリスマス中は体調が今ひとつ…。

IMG_0311 [640x480]


おかげで暴飲暴食もせず、遅寝遅起きにもならず、
比較的、規則正しいクリスマス・ホリデーが過ごせました(笑)。


つぶやき… - 2010.12.22 Wed

IMG_0238 [640x480]


-1,033ポンド(約13万4千円)になるよ…。

と言われて、深い溜息をつきながら
クレジット・カードを窓口に差し出した。

-ほんと、バーゲンだよね…!

一年分の定期を買った時、
窓口のおじさんが苦笑いしながら言った。

まぁ、電車の定期は私の足のようなものだから
仕方ない…。
もっと遠くから通ってきている同僚なんて
年間£2,000以上も払って、通勤している…!

11月、12月は何かと物入りだった。
歯医者にも行ったし、
ハードコンタクトレンズも傷が入ってしまい
買い替えた。

4ヶ月、放置し続けひどいことになっていた白髪を染めに
美容院にも行ったし…etc。
(きれいにして新年を迎えたいですからね)

今年もボーナスがでなかったけれど
でも、このご時勢、仕事があるだけでも有難いと思わないと…!
おかげさまで無事に年も越せそうだし。

IMG_0169 [640x480]

いただいた花束を見つめながら
そんなこと考えてました…苦笑。

Snowflakes  - 2010.12.21 Tue

IMG_0214 [640x480]


(近所のインテリアショップのディスプレイ)

少しだけクリスマス… - 2010.12.21 Tue


週末、重い腰を上げて、
少しだけクリスマスの飾り付けをした。

届いたクリスマスカードを暖炉の上にきれいに並べて
玄関口の鏡にもこんなものを巻きつけてみた。


IMG_0242 [640x480]


友人お手製の和紙の天使さんも
降りてきた…!

IMG_0244 [640x480]


IMG_0241 [640x480]

少しはクリスマスらしくなったかな…笑?


雪の週末 - 2010.12.21 Tue

IMG_0251 [640x480]


土曜日は友人と会う予定だった。
けれど…あまりの大雪のため翌日に延期。

ロンドン(イギリス)の交通機関、雪には本当に弱い。
行って帰ってこれなくなると困るし…。


IMG_0228 [640x480]

その日は、おとなしく家にこもって
家のお掃除とお菓子作りに励んでいた…。

隙間風が漏れる家の中でも
動き回っていると、体がぽかぽか…笑。


IMG_0293 [640x480]

相方は

-家族へのクリスマス・ショッピング、
 済ませてしまわないと~!!

と意気込んで、リュックを背負い
ぼたん雪が舞い散る中、
そそくさと街へ出かけて行った。


IMG_0255 [640x480]

年を重ねて… - 2010.12.14 Tue

12月初旬、例年のように両親からカードが送られてきました。

英語の宛名はいつも父が書いています。
封筒のあて先の下には
うっすらと鉛筆で引いた線が見えます。
ぎこちない英字で緊張しながらアドレスを書いている
父の姿が目に浮かびます…笑。

早速日本に電話してお礼を言いました。

-日本には気の効いたバースデーカードがなくって…

と恐縮する母。

-もうおめでたい年でもないから、
 カードはクリスマスカードと一緒にしてくれていいよ!

子どもの頃、誕生日とクリスマス・プレゼントは一緒にされることが多かったことを
思い出しながら母に言いました。

-そんなこと言って!
 お母さんくらいの年になると元気に誕生日を迎えられたことを
 そりゃ、有難く思えるようになるのよ!!

IMG_0087 [640x480]

あと6年もすれば80歳を迎える母。

届いたカードには

-残された人生、精一杯がんばって生きようと思います…と

書かれていました。

師走… - 2010.12.09 Thu

先週、ロンドンでも雪が積もりました…。


IMG_9962 [640x480]


IMG_9993 [640x480]


今週は、さすがにシティーや自宅の周りの雪は
溶けてました。

昨日、ウィンブルドンの方まで足を伸ばしたら
まだ、ちらほら雪が残っていたのでびっくり。
毎日寒さが厳しいですからね…。


IMG_9999 [640x480]

IMG_9966 [640x480]


そうそう、気心の知れた友人たちと会って
クリスマス・カードを交換したところです。
今年一年の感謝の気持ちをカードにしたためて…。

今年は特にクリスマス気分に浸れずにいましたが
やっぱり、こういうのっていいですね。

友人宅のドアにつるされたシルバー・スタ-のクリスマス・デコレーション、
ピカピカとライトが灯ったクリスマスツリー、手作りのキャンドル・リース…
見ていたら気持ちが華やぎました。


IMG_9974 [640x480]


-クリスマスまであと二週間ねぇ…!

友人が溜息混じりに言ってましたが
ほんと毎日があっという間に過ぎていきます…。


Have a good week! - 2010.12.06 Mon

冬の凍った帰り道。

IMG_9983 [640x480]

先週はハイヒールのブーツで
雪道をこわごわと歩いていました。

イギリスに突如やってきたこの寒波、
年末まで続くとか…涙。

今週も温かくしてお過ごしくださいね。


ニーバーの祈り - 2010.11.23 Tue

「主よ、変えられないものを受け入れる心の静けさと
 変えられるものを変える勇気と
 その両者を見分ける英知をください…」


今、一番私に必要なものかもしれません。

IMG_9304 [640x480]

God grant me the serenity
to accept the things I cannot change,
courage to change the things I can,
and wisdom to know the difference.

Reinhold Niebuhr

ちょっと一息…。 - 2010.11.20 Sat

今まで当たり前だったことが、
当たり前でなくなる日って
突然やってくるものですね。

日々、感謝して暮らさないと…。
後悔しないように。

IMG_7857 [640x480]

皆様、どうぞ良い週末を。

週末、雨上がりの朝に… - 2010.11.09 Tue

IMG_9510 [640x480]


Bishop Park - 2010.11.08 Mon

先々週、平日の午後に
ふらっと立ち寄ったビショップ・パークにて。


IMG_9195 [640x480]


息が詰まりそうになって
しばらくベンチに座っていた。


IMG_9175 [640x480]


IMG_9153 [640x480]


とっても大切なものを失ってしまうかも…
心の中は不安で一杯だった。


IMG_9170 [640x480]


そんな時でさえ、
木々と空の美しさが、まぶしく思える自分に
自己嫌悪を覚えた午後…。


ショーウィンドー - 2010.11.05 Fri


ハロウィーン、先週、終わってしまいましたが
アップします…。

IMG_8890 [640x480]


ハロウィーンの時に使わせてもらおう~
と思って写真を撮っていたのに、
せっちゃんの入院でへこんでいて
すっかり機を逃しました…。


IMG_8886 [640x480]

近所にあるインテリア・ショップの
ディスプレイです。

芸術の秋 - 2010.11.03 Wed

秋といえば…

IMG_7906 [640x480]


10月上旬、仕事の後、
ゴーギャン展に行ってきた。

IMG_8575 [640x480]


透明感あふれる後期の作品が一番好きだった。
ゴーギャンに対して知識もないままに出かけてしまったけれど
また見にきたい…。

プライベートコレクッションを含め
各国の美術館から集められたゴーギャンの作品が
テート・モダンにて1月まで展示されています。

こちらもテート・モダンの館内。

磁器で作られたヒマワリの種が
床一面に…!

IMG_8578 [640x480]

オープニング当初、「種」を踏みしめながら
歩くことができたそう。

IMG_8583 [640x480]


ただ、踏みしめる度に舞い上がるほこりが
健康上良くないと判断され閉鎖。

今は遠巻きに眺めるのみ…。


IMG_8584 [640x480]

未だに

-ここを歩きたい!!

という声が絶えないそう…汗。


こちらはサーチ・ギャラリーにて。(こちらにも関連記事が…)

つい恐いもの見たさで足を運んでしまう…。

IMG_7819 [640x480]

展示作品も入れ替わり、今回も期待を裏切らない(?!)
不思議なものに沢山、遭遇…汗。


IMG_7835 [640x480]

案内した友人たちには、

-これがアートなわけ?!

と詰め寄られましたが、結構、楽しんでくれたみたい。

IMG_7836 [640x480]

首をかしげながら見るアートも
またおつな物かと…汗。

IMG_7832 [640x480]


壁の隅を覗き込む人垣(人形)…。
一応、これも芸術作品…


IMG_7844 [640x480]


見学者も野次馬根性が湧いてきて
つい一緒になって、覗き込んでしまう…(笑)!!


IMG_7840 [640x480]


IMG_7851 [640x480]

こちらは街角で見かけたグラフィティ(落書きアート)

IMG_7394 [640x480]

週末 - 2010.11.01 Mon

せっちゃんに会えない週末、
用事あって終日出かけたり、
日曜日には友人たちが来てくれて
話を聞いてもらったりして
だいぶ気が紛れました…。
何もしないと悶々と考え込んでしまって…。

週末は面会ができないといわれた時、
少しだけ安堵感を覚えたのも事実です…。
毎回、病院を訪れるたび、
不安、恐怖で胸がつぶれるような思いに襲われたから…。
せっちゃん、狭いケージの中で、
一人ぽっちで闘病生活を送っているというのに
情けないですね。

せっちゃんが入院して以来、
寝ても疲れが取れないし
首と肩ががちがち。
頭痛が絶えず、
いっそ首ごと切り取って欲しいと思ったり…苦笑。

よほど難儀そうに見えたのか
日曜日に来てくれた指圧の上手な友人が
丁寧に肩と首を揉み解してくれました…涙。

彼女の優しい心遣いが、かじかんだ体や心を
ほぐしてくれたような気がします…。

今週からまたしっかりがんばらないと…!

IMG_7970 [640x480]

Rest in peace to Jyai-chan...with lots of love

秋景色 - 2010.10.25 Mon


IMG_8900 [640x480]



IMG_8905 [640x480]



IMG_8894 [640x480]

冬の足音… - 2010.10.21 Thu

霜が降りた朝…。

背筋をピン!と伸ばして
駅へ向かって、ひたすらスタスタと歩いた。

耳にゆれる長めのイヤリングが頬に触れると
ツーン!とした冷たさに鳥肌がたった。

-今年の冬も厳しいかもしれないって。
 白鳥たちがが例年より早くシベリヤから戻って来てるんだって…

と同僚が言ってたのを思い出した。

もうハーフコートでは寒すぎるかもしれない…。
ベレー帽も箪笥から出してこないと。


IMG_8280 [640x480]

スコットランドでは雪が降ったそう…

日差し - 2010.10.20 Wed

IMG_8438 [640x480]


IMG_8443 [640x480]


IMG_8489 [640x480]

すっきり…! - 2010.10.16 Sat

髪をばっさり切ってきた。

今までお願いしていた美容師さんが
帰国してしまい途方に暮れていたら
友人がある美容師さんを紹介してくれた。

早速、仕事帰りに東ロンドンへ。
ロンドンは、エリアによって雰囲気がだいぶ変わる…。
東の方には滅多に来ないので
なんだか心許無い気分…。

初対面の美容師さんには

-少し短めで、白髪が目立たないように
 切ってもらえますか?
  
と緊張気味にお願いした。
若い男性にそんなこと言うのは
ちょっと恥ずかしかったのだけれど…苦笑。

髪をだいぶ梳いて、レイヤーも沢山入れて
分け目をなくして髪の毛を全体的に前の方に持ってくる感じで
カットしてもらった。

思った以上にショートになって
ボーイッシュな感じ。
伸びきってた白髪も目立たない~!

一緒にカットしに行った同僚も

-あんなにあった白髪、どこに行っちゃったの~!

と驚いていた(苦笑)。

最後の仕上げにワックスをつけて
すごく洒落た感じにスタイリングしてもらう。

自分にもできるだろうか…(汗)?

-ドライヤーは後ろから前に流すようにかけて下さいね!

と美容師さんからのアドバイス。

今の季節、襟元がスースーするけれど
シャンプーも乾かすのもすごく楽!

新しい髪型、結構気に入っている。
折を見て悪友が白髪を染めてくれるそう。
有難いなぁ…!

体も心も軽くなった気がする~♪


IMG_7226 [640x480]

朝の風景 - 2010.10.12 Tue

IMG_8332 [640x480]


今週も無事に過ごせますように…。

デリシャス・デス… - 2010.09.17 Fri

週に一度、発行されるスーパーの新聞の表紙。
妙にグロテスクでドキッ!としました…。


IMG_7582 [640x480]


アガサ・クリスティー生誕120年を記念した
「Delicious Death(美味な死)」という名のケーキでした。

(ミス・マープルが活躍する「予告殺人」から命名されたそうです)


小麦粉の変わりにアーモンドパウダーを使った
リッチなバターケーキ。
生地にはダーク・チョコレートもたっぷり加えてあります。

ケーキのフィリングはラム酒でさっと煮したドライフルーツ。

表面にはダブル・クリームにチョコレートを加えたガナッシュが
たっぷり塗って仕上げてあります。

ケーキを縁取るスミレとローズの砂糖漬け、金箔が
迫力満点のケーキの雰囲気をやわらげてくれているような…。
(レシプが知りたい方は こちらをクリック)

偏頭痛に襲われた時、こんなカロリー満点なケーキを
ほお張ってみたい…という自暴自棄な衝動に駆られます。
甘いものを食べさえすれば痛みが
癒されるような気がするから…。

ここ数日、また頭痛に悩まされました…。
首の付け根からこめかみまで重たくって
ズキズキ…。
肩が随分、はっているような…。
目もかすんできました。
そんな日に目にした「デリシャス・デス」、
かぶりつきたかったです…(苦笑)!


IMG_7585 [640x480]


普段、滅多なことではお薬は摂りません。
でも、痛みを我慢し続けるのって結構なストレス。
薬を飲んで一時的にでも楽に過ごせることを考えると
薬を体内に入れる事と、
薬を摂らないで耐える事…
果たしてどちらが体にかける負担が少ないんだろう…と
ふと疑問が湧いてきました…。

まあ、こんな日は最低限のことだけして
早めにベットに入って、嵐を過ぎるのを待つのが
一番なのですが…。


Aniversary - 2010.09.07 Tue

今日は十何回目かの結婚記念日。

相方と知り合ったのは
かれこれ20年近く前になる。

相方に言ったら

-Oh No~! ショッキング!!


と悲鳴を上げて

-Poor me...(可哀想な僕)

と小声でボソッと付け加えた。

一体、なんだったんだろう...(笑)?!


IMG_7404 [640x480]


ウェディング・ブーケ風(?)に
オアシスにお花を生けてみました...。

ガラスみがき - 2010.09.01 Wed

先週末は三連休でした。

クリスマスホリデー前の最後の祝日。
ずっとやろうと思っていながら、
なかなかできなかったことを決行することにしました。

PCにかじりついている相方のお尻をたたき
このプロジェクトに巻き込みました。

まずはレース・カーテンを取り外して洗うことに。


IMG_7272 [640x480]

そして、

窓のお掃除...。

時折、窓のさんを拭く事はあっても
ここ数年、窓ガラスは手付かずでした(汗)。
表正面の窓だけは、外側のみ人に頼んで
定期的に磨いてもらっているのですが...。

木の窓枠はペンキがはげて、
乾いたペンキのぐずが浮き上がっています。
窓枠をほうきではいて、
窓のさんを雑巾できれいに拭きます。

IMG_7276 [640x480]

いったん濡らした雑巾で窓ガラスを拭いてから
乾いた布でガラスを磨きました。
ガラスの表面は結構ほこりがたまっていて、
雑巾がすぐに真っ黒になってしまいました...汗。

結局、家中の窓を掃除するのに一日がかり...!
ネコの手も借りたいくらいでした(苦笑)。


IMG_7275 [640x480]

日が暮れて、掃除が終ると、フラフラ、くたくた...。

そして翌日は体中が筋肉痛...。
腕と肩ぐらいならわかるけれど
何故か太ももまでも。
梯子の登り降りをしたせいかしら...。


IMG_7236 [640x480]

普段、面倒くさがらず小まめに掃除していれば
こんなことにはならなかった...
と嘆いても後の祭り(苦笑)。

今後は心を改めることにしましょう...。


IMG_7195 [640x480]

Isis、窓ガラス、ピカピカ光って、世界が明るく見えます...!



夕暮れ - 2010.08.31 Tue

友人たちとカラオケに行った帰りの夕暮れ。

IMG_7184 [640x480]

その日は、チャイニーズ・ランチを食べて
カラオケへ。

締め切った狭い部屋にこもって
歌い続けていたら、
さすがに頭痛がしてきた。

最後はいつものように?マイケルを偲びながら
彼の曲を合唱して外の世界へ。


IMG_7189 [640x480]

その後、カフェになだれ込んで
おしゃべりに夢中になった。

気がついたら8時近くなっていて
名残惜しいと思いつつも、
みんな家で待つ人がいるので
慌てて帰宅した...。


IMG_7191 [640x480]


友人がノリノリで歌ってくれた
レディー・ガガの「Telephone」を聞いて以来、
ずっとその曲が頭の中をまわっているんだけど...苦笑。


古本 - 2010.08.28 Sat

最近、自分でも恐ろしいと思うほど本を買っている。
私が読みたくなる本は何故か?すでに絶版になってしまった本がほとんど。
そんなわけで注文する本は古本が多い...。

興味を持った本は無性に読みたいと思う。
そんな欲求がうまく抑えられない...。
だいたいクリック一つでインターネットで
注文できてしまうのが悪いのだ!
(人のせいにしてみたり...汗)。

こんなに本に走っちゃうなんて、
心が満たされていないのかしら...(苦笑)?
淋しい人間は買い物を走る人が多いというし。

そんな風に感情のおもむくまま散財(?)していたら、
本棚から本があふれてしまった...汗。

本棚に収まりきれないほどの本は持たないように
しようと心がけている。
友人にもまわし読みしてもらって、
もうページを開くことはないだろうと
思われる本を一気に手放すことに。

仕事後、古本屋さんへ寄り、10冊ほど本を買い取ってもらう。
文庫本は一冊10ペンス(約13円)、
まだ新しいお料理の本は一冊90ペンスで引き取ってもらい
£3(約400円弱)ほどの臨時収入を得た(笑)。
(ちなみに買い取られた本は正価(日本円)をポンドに換算して
 お店で販売されるようです)

身軽になった後、お店で本を物色していたら
一冊ちょっと気になる文庫本を見つけた。
£4だった。
まあ何度も本を売りにきているから分かっていることとはいえ
10冊の本で得た収入でもまだ足りない...と
思ったら何だか複雑な思いがして、
手に取った本を本棚へもどした。

たとえ二束三文にしかならなくっても
本だけはどうしても捨てられない。

引き取ってもらえるだけでも
有難いと思わないというのは分かっているんだけれどね...苦笑。


IMG_6529 [640x480]

TO A TEA - 2010.08.26 Thu

空気がやわらかく湿った朝。
駅前の花屋さんから漂ってくる百合の花の
ねっとりとまとわりつくような香り。
不思議なくらいこの空気にしっくりくる...。

霧雨に湿った髪は、次第に乾き始め
ホワンホワンと膨れ始める。
ただでさえ跳ねがちな髪なのに...。

こんな朝には、すっきしした紅茶が飲みたい。
しかもティーバックじゃなく、
リーフティーで淹れた良質のティーが飲みたい...!

足は自然と最近発掘したカフェへ向く。
広々と閑散とした店内。
電車を降りて出社前にぽっかりと空いた時間。
一息つくにはもってこいの場所。

私のお気に入りは
セカンド・フレッシュのダージリン・ティーと
かすかな甘みを感じるロシアン・カラバン・ティー。

その朝はダージリンをストレートで飲みたい気分だった。


IMG_6904 [640x480]

静かな店内で味わい深いお茶をすすっていると
ボンジョビが突然流れ始めた。

朝からボンジョビを聞くのは
結構辛いものがある...涙。

こんなジメジメ、どんよりした朝には
大貫妙子のアンニュイな歌声が
聴けたら最高なんだけどね...。

そんなことを考えながら本を開いたら、
いつの間にかボンジョビの声も
遠くに消えていった...。

IMG_6907 [640x480]

秋晴れ - 2010.08.25 Wed

スローンスクエア

朝、家を出るとあまりにも空気がひんやりしていて
驚きます。

そろそろ秋物のコート、
箪笥から出してこないといけないかな...(溜息)。

季節は長い冬に向かって
少しずつ、そして確実に移り変わっているのを
ひしひし感じる今日この頃です。

もうじき9月なのだから仕方ないと思いつつ...。


KingsCross



朝化粧 - 2010.08.20 Fri

朝、電車に乗っていたら、
向かいの席に座っていた女の人が
ヴィトンのバックからマスカラを取り出し
塗り始めた。
揺れる車両の中でコンパクトを片手に
器用に慣れた手つきで作業していたので
妙に感心してしまった。
仕上げに口紅も塗って、鏡に向かってにっこり微笑んだ。
彼女の前には若い男性二人が座っていたけれど
気に留める様子もない…。

日本でも最近は電車の中で
お化粧をする人が増えているらしいけれど
ロンドンでも特に朝、お化粧ポーチを膝に乗せて、
メークにいそしんでいる女性をよく見かける。

すっぴんの顔にファンデーションを塗り始め、
ところどころにシミ隠し用のクリームも塗りながら、
電車を下りる頃にはフル・メークで別人になって
席を立っていく。
最初はそんな光景に遭遇するたび、
唖然としつつ、ポイントメークぐらいしかしない私は
顔が出来上がっていく様子を
ひそかに興味深く観察していた。
最近は、またか…という感じ(苦笑)。

自分には真似できないけれど
(真似しようとも思わないけれど・・・)
日本と違って周りの目を気にせずに
「マイ・スタイル」で生きていけるところが
この国の良さでもあるし・・・。

そういえば少し前に、帰りの電車の中で立っていたら
鼻をつくツーんとしたにおいが
近くから漂ってきた。
私の前に座っていたお姉さんが赤いマニキュアを取り出して
これまた器用に塗りだしたところだった。
しかも携帯を肩とあごの間に挟んでおしゃべりしながら…。
もうこれは神業としか思えなかった!!

隣に座っていた小さな男の子も珍しそうに見ていたし、
ちょっとやそっとのことで驚かなくなった私も(?!)
さすがにこの時は目が釘付けだった(苦笑)。

とはいえ、においを発するマニキュアはちょっと迷惑かな...汗。



IMG_6242 [640x480]

Mind the gap! - 2010.08.17 Tue

その晩、誘われてベトナム料理を食べに行った。
運ばれてくる美味しいお料理を
みんなであれよあれよという間に平らげた。
その後、カフェになだれ込む。

悪友も遅れてお茶にだけ参加。
久しぶりにワイワイとお喋りをした後、
お開き。

途中、電車を降りて、乗り換える。
ホームに到着した時、電車が発車寸前だった。
友人たちと電車に飛び乗った瞬間…

ズボッ!

片足だけが電車とホームのすき間に落ちて
思い切り転んでしまった。

目の前が一瞬、真っ暗になった。
我に返って、どうやって這い出たらいいの?!とパニックった時、
男の人が、すばやくすき間にはまった私を
すくい上げてくれた。

-気をつけなさい!

-す、すいません…。ありがとうございます。
 ちょっと酔ってて…。

こっぱずかしさに最低のジョークが
思わず口から出てしまった。
お酒なんか飲んでいないのに…。

一緒にいた友人たちは、
私の転び方があまりに大胆だったせいか
必死に笑いをこらえたような形相をしていたけれど
私が大丈夫そうだとわかると
軽口をたたきはじめた。

-いやぁ、見事な転び方だった。
 周りの人も「Oh,my God!」って顔を覆ってたもん!

-まさかこんなことが起こるなんて夢にも思わなかった。
 一番驚いたのは私なんだから~

テレ隠しにヘラヘラ笑い。
太ももがなんだかズキズキするする…と
心の中で思いながらも。

-今日はIsisが私たちの分まで
 災難をかぶってくれたわね!

-えっ…?!

そういえばお茶したカフェで、悪友が

-旦那から今日は13日の金曜日だから気をつけろって
 メッセージが入ってる…!

と携帯をチェックしながら言っていたっけ…汗。
そんなの迷信よ…なんてぼんやり聞いていたけれど。

彼女たちが下車するまで、
友人たちと興奮交じりで話し続けた。

一人になると太ももが猛烈に痛み出した。
それまで気を張って、やせ我慢していたから
それほど感じなかった…。

帰宅して恐る恐る服を脱ぐと左足の太ももが
広範囲にわたって紫色の染まっている…(泣)。

相方には
-Silly sausage(間抜けなソーセージ)!
 不注意すぎる!もし、電車がそのまま発車してたら
 片足失ってたかもしれないぞ

と大目玉を食らう。

翌日には太ももだけではなく、
あちこちに青痰ができているし
肩や腰だけでなく体の節々が痛かった(涙)。
週末はおとなしく家で謹慎。
友人たちにはへらず口をたたいていたけれど
実は精神的にもすごくこたえた…。

電車の飛び込み乗車って、本当に危険。
身をもって知るって、こういうことなんですね…

私のような不注意な人はそうはいないでしょうが
飛び込み乗車は止めた方がいいです。

そして

Mind the gap/すき間に御用心!

気持ちが浮ついていたんでしょうかね。
とんだ金曜の晩でした…(とほほ)。


IMG_6859 [640x480]

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’17 (16)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'17 (16)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (20)
お菓子作り-2017 (22)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (46)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (15)
 -小林カツ代さん (11)
 -加藤久美子さん (8)
 -山本麗子さん (6)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (8)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (11)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (7)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (12)
 -大原照子さん (13)
 -北野佐久子さん (14)
 -マーマレード作り (13)
アメリカン・ケーキ (37)
 -渡辺みなみさん (25)
 -アーミッシュの焼き菓子 (15)
「和」のおやつ (13)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (13)
 -入江麻木さん (8)
 -赤毛のアンのレシピ (12)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (80)
ロンドン (80)
植物 (145)
見る 聴く 読む (37)
身の回りのもの (66)
旅-日本 (48)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ミュンヘン (6)
 -フランス (45)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (31)
 -ベルギー (15)
 -イタリア (25)
未分類 (0)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する