Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2017-08

「カントリー・クッキー」 - 2013.06.07 Fri

体調がいま一つなので、今週はお菓子作りを一休み。
今年3月に焼いた「カントリークッキー」という名のケーキを
アップします。
(初夏らしからぬ「秋・冬」ぽいケーキですが...)

IMG_2439 [800x600] 

はちみつとコーヒーの風味が効いた焼き菓子です。
レシピは以前何度かご紹介した
手作りの絵本・ぶきっちょさんのケーキづくりから
「はちみつケーキ」の応用レシピです(^^

IMG_2369 [800x600] IMG_2377 [800x600]

昔のお菓子のネーミングって
乙女チック(死語?!)なものも多いけれど
時折、首をかしげてしまいそうなものがありますね...笑。
「カントリー・クッキー」という名には異存がありますが、
カントリーという名にふさわしい素朴なケーキ。
こんなケーキが一番ほっとします(^^

IMG_2423 [800x600]
(アイシングは例の如くスキップ...。長方形の型で平たく焼きました)

風邪もだいぶマシになって
今週末はゆっくりお菓子を焼く時間もとれそうです(^^

Have a nice weekend!

ぶきっちょさんのアップルパイ - 2013.01.15 Tue

深夜、久々にパイ生地作りをしました。

IMG_2477 [800x600]

十代だった頃、母に買ってもらったお菓子作りの本、
「手作り絵本・ぶきっちょさんのケーキづくり」(森山サチ子著・雄鶏社)を
ぱらぱらめくっていたら...
こんなアップルパイが目に留まりました。
久々に日本ぽいアップルパイが食べたくなりました。

IMG_2379 [800x600]

この夜はパイ生地だけを作り、一晩冷蔵庫で寝かせました。
そして、私も寝ました。
もう1時をまわっていたので...汗。

IMG_2479 [800x600]

翌日、寝かしたパイ生地をのばして
20センチのスクエアー型に敷きこみました。
実はこの作業が一番苦手。
均等にパイ生地を伸ばすのが下手で、
(それにちょっと面倒くさく思えて)
パイやタルト作りからはつい遠のきがちになってしまいます...。

IMG_2497 [800x600]

パイ生地の上にあんずジャムを薄く塗りました。
煮ておいたりんごも生地の上に広げます。

IMG_2500 [800x600]

煮りんごはレモン汁とお砂糖(リンゴの重さの20%の量)で煮て、
シナモンとラム酒をふりかけて冷ましたものです。

IMG_2506 [800x600]

細長く切ったパイ生地を格子状に並べ
卵黄を塗って高温で焼きます。

IMG_2510 [800x600]

こんがり焼けました。
友人と相方と三人でアップルパイでティータイム。
甘酸っぱい甘さ控えめのアップルとサクサクのパイ生地の組み合わせが
あとを引きます。
生のフルーツをたっぷり使ったお菓子がやっぱり好きです。
二日がかりで作ったアップル・パイ、スライスした写真を撮るのも忘れ
みんなで一気に平らげました(汗。

IMG_2516 [800x600]

それにしても十代だったあの頃...
三十年後も(大汗)この本でお菓子を焼いているなんて
夢にも思いませんでした...。
なんだか不思議な気分です(^^;
もちろんこの本のレシピ、今焼いても
オールドファッションなんかじゃなく十分おいしいのです。

-ぶきっちょさんのお菓子関連日記-
「手作りの絵本・ぶきっちょさんのケーキづくり」
「チーズスフレケーキ」
「バナナマフィン」
「キャロット・ケーキ」
「ぶきっちょさんのロール・ケーキ」

ココア入りフルーツケーキ - 2012.12.05 Wed

冬らしくフルーツケーキを焼きました。

IMG_1610 [800x600]

今回は森山サチ子さんのレシピで。
私がお菓子作りを始めるきっかけになった本、
「楽しい手作りのお菓子」の中に掲載されています。
十代のころ、穴が開くほどこの本を眺めていましたが
バターケーキ応用編、ココア入り「フルーツケーキ」は
特に印象に残っています。
見た目の華やかさはないのに...。

     IMG_1601 [800x600]

切り分けられたケーキの濃厚なチョコレート色に
そそられたのでしょうか?
ココア入りのフルーツケーキというのも
珍しいなぁと思います。

このフルーツケーキ、エバミルクも加えます。
そんな加工品、普段使わないのですが
買ってきました。

IMG_1613 [800x600] IMG_1624 [800x600]

ケーキに加えるカラメルも作りましたよ...。
結構手間がかかります(汗。

数ヶ月漬け込んだドライフルーツもたっぷり加えて。

IMG_1651 [800x600]

森山さんのレシピはベーキングパウダーを使わず、
固く泡立てたメレンゲを加えて玉子の力で膨らませます。
泡を消さないように粉にまぜこむのが一番緊張する作業です。

生地をパウンド型に流し込み、オーブンに入れました。
弱火で一時間半近く焼きます。
ようやく一息つけます。
ラジオからは「くるみ割り人形」が流れていました。
かたわらでは王子が、グーグー寝ています。

IMG_1653 [800x600]

しばらくすると甘い香りが漂ってきて、
ケーキの香が家の中に充満。
一日中、一人で無言で家事をこなし、
バタバタとケーキも焼いていましたが
なんて幸せなんだろうと思いました...。

ようやく焼きあがったフルーツ・ケーキ。

IMG_1657 [800x600]

レシピにはないけれど、ラム酒入りのシロップを
ケーキの表面に塗りました。
(これは小嶋ルミさんのアイディア)
アルミホイルにきっちり包んで、寝かせます。
みんなに振舞えるの一週間~10日後になりそうです(^^

-ココア入りフルーツケーキの関連雑記-
紅茶のケイク

ぶきっちょさんのキャロット・ケーキ - 2012.04.24 Tue

鮮やかなオレンジ色が美しいケーキは
森山サチ子さんの「ぶきっちょさんのキャロット・ケーキ」。

IMG_2724 [800x600]

すりおろした人参のほかに固く泡立てたメレンゲ、
アーモンドパウダーが入っています。

IMG_2747 [800x600]

アーモンドの風味が口に広がる
ふんわり素朴で懐かしい味。
一晩置いて翌日食べた方がずっと美味しい。
レモンの皮を加えてアクセントをつけたら
もっと私好みの味になるかも。

IMG_2743 [800x600]

森山さんはスライスしたキャロットケーキに粉砂糖をふって
マジパンで作ったミニ・キャロットをのせて
美しく仕上げていますが...
ぶきっちょさんのバナナマフィンをご覧ください)
私は焼きぱなしのまま同僚に振舞いました(笑)。

-ぶきっちょさんのお菓子関連日記-
-関連日記-
「手作りの絵本・ぶきっちょさんのケーキづくり」
チーズスフレケーキ

ぶきっちょさんのバナナマフィン - 2012.04.14 Sat

以前ご紹介した森山サチ子さんの「手作りの絵本・ぶきっちょさんのケーキづくり」から
バナナマフィンを焼いてみました。

IMG_1189 [800x600]

卵白を固くあわ立てて生地に加えるので
ちょっと手間はかかりますが
ふわっとキメ細かく焼きあがりました。

IMG_1186 [800x600]

お澄まし顔の上品なバナナマフィン、
まわりにもとてもも好評。
「ぶきっちょさん」のレシピとはいえども、
けしてあなどれません!

IMG_1190 [800x600]

実は、このページの可愛らしい「キャロットケーキ」にばかり目を奪われて
長年、本の片隅に掲載されたバナナマフィンのレシピに
気づかずにいました(汗)。
当時のレシピにはバナナを「すりおろす」と書いてありますが...
柔らかいバナナをすりおろすのは難しそう...。
私はいつも通りスプーンの背でマッシュしました(^^

IMG_1554 [800x600]

キャロットケーキ、十代の頃はアーモンドプードルが手に入らなくって
焼くことができませんでした。
今ではスーパーで安価で手に入ります。
このケーキも近いうちに焼いてみようと思っています。

-関連日記-
「手作りの絵本・ぶきっちょさんのケーキづくり」
チーズスフレケーキ

「お菓子とパンを作る本」 - 2012.03.02 Fri

古本市でこんな本を手に入れました...。
日本円にして50円くらいだったでしょうか?
昭和五十一年に出版されたものですから、
三十六年も前の本です。

IMG_0193 [800x600]

非常にわかりやすいタイトル通り...(^^;
お菓子やパンのレシピが掲載されています。
指導はお菓子研究家の森山サチ子さん。
パッと目を惹くマロンクリームたっぷりのショートケーキ。
子供の頃食べた黄色いモンブランが懐かしくなります...

この本の持ち主だった方は、
スポンジケーキを何度も焼いたのでしょう。
このページは特にシミがたくさんあって、痛みが激しいです。

IMG_0155 [800x600] IMG_0145 [800x600]

スポンジの上にチーズ・フィリングを流して焼いた
手の込んだチーズケーキもあります。
チーズ入りのシュー生地を作り、やはりお手製のカスタードクリームを混ぜ、
さらに固くあわ立てたメレンゲを加えたフィリング。
当時は一般的ではなかったクリームチーズの代用品なのでしょうか?
気が遠くなるような作業...汗。

IMG_0149 [800x600]

スポンジといえば、お約束のロールケーキ!
IMG_0153 [800x600] IMG_0156 [800x600]

この本を興味深くしげしげと眺めていた友人は
-子供の頃、ブッシュ・ド・ノエルに憧れたのよ~

それからバターケーキ類。
森山さんのパウンドケーキはベーキングパウダーが入らないレシピです。
卵白を泡立てて生地に加えて、ふんわりと仕上げてます。
定番フルーツケーキと花形のマドレーヌ。
マドレーヌのページも生地が飛び散った跡があり、
汚れています。
このマドレーヌの作り方は少しかわっています。
共立てした玉子に粉を混ぜた後、溶かしバターを使うのが主流なのに
クリーム状にしたバターを加えてます。

IMG_0158 [800x600] IMG_0159 [800x600]

ゴージャスなレモンパイとタルトレット
IMG_0161 [800x600] IMG_0163 [800x600]

このヌガーとキャラメルの写真を見て、
小学生だった頃参加した子どもクラブで
キャラメル作りをしたことを思い出しました。

IMG_0170 [800x600]
(ヌガーとキャラメルを入れた手書き風の箱が可愛い!)

出来上がったキャラメルを小さく正方形に切って
ワクワクしながら色とりどりのセロハンで包んだのを覚えています(^^
いなかの子供たちにキャラメル作りを教えてくれるなんて、
今思えば、随分ハイカラだったなぁ...

オーブン・レンジのコマーシャルで
初めて見たジューシーな「焼りんご」にもすごく憧れました。

IMG_0186 [800x600]

わが家にオーブンレンジがやってきた時、
母にせがんで作ってもらいましたが
こんなにお洒落な出来ではなかったです...苦笑。

IMG_0190 [800x600] IMG_0187 [800x600]

それにしてもスィーツの写真は色鮮やかで高級感あふれた感じ。
本格派のケーキレシピだからでしょうか?
当時はお菓子作りって贅沢な趣味でもあったのでしょうね。

巻末にはコーヒーと紅茶の美味しい入れ方や、
和製と舶来物の美しいティーカップ、コーヒーカップなどが
紹介されています。
それから英国に留学されていたこともある
寛仁親王殿下の「エゲレス」の紅茶に関するエッセイも。

IMG_0182 [800x600] IMG_0179 [800x600]
(殿下は、「エゲレス」式の濃いミルク・ティーがお好みだったようです)

若い頃は神経質で、古本ってあまり好きではありませんでした。
今じゃ、へっちゃら(笑)。
むしろ、こんな古書が愛おしく思えます。
人は変われば変わるものですねぇ(笑)。
痛みが目立つ使い古された本ですが、
以前の持ち主の方が愛用された証。
レシピのメモなんかも挟まっていましたし。
これからはノスタルジーに浸る観賞用の本として、
うちで余生を過ごしてもらおうと思います。
(別冊ウーマン「お菓子とパンを作る本」講談社から)

**追記**
その後、この「お菓子とパンを作る本」は、私の手元を離れ、
日本へ旅立っていきました。
今頃、この本に深い思い入れのある方の元で大事にされていることでしょう...(^^



週末にチーズスフレケーキ - 2012.02.28 Tue

金曜日の夜中...
昨年ご紹介した森山さちこさんの手作りの絵本・ぶきっちょさんのケーキづくりのレシピで
チーズ・スフレ・ケーキを焼いてみました。
森山さんのレシピでチーズスフレを焼くのは今回が初めて。
十代の頃に本を購入して、実際に挑戦してみるのは
三十年後だなんて...苦笑。

いつもはクリームチーズ200gで焼くのですが
今回は250gも入りましたから、やや大きめに焼きあがりました。
オーブンの温度には十分に注意を払ったので
きのこ雲のように大きく含まらず、均等に膨らみました。
それでもオーブンから取り出すと出すと半分ほど縮みました。
(しぼんだ縁も美しくないです...)

IMG_0286 [800x600]

過去に5度目の正直で焼けたチーズ・スフレ・ケーキは焼き縮みが少なく、
もっとふんわりしていて最高の出来でした。

浮かない顔で
-今回もベストの出来じゃなかった...
とチーズケーキ好きの友人達にぼやくと

-フォークを入れるとシュワっ!て音がするよ。上出来じゃない?
-そうよ、これ以上、何を望むの?!

彼女達に呆れ顔で言われました(汗)。

-Isisは、文句ばかり言って、決して満足しないから!
相方まで調子に乗って加担して...。

IMG_0468 [800x600]

確かに、上手に焼けたとは思うのだけれど...
あの「幻」のチーズケーキがどうも頭から離れないのです...。

IMG_0294 [800x600]

オーブンから出して、いきなり外に出して冷ましてしまうから
余計へこみ過ぎるのか...?
オーブンの中でゆっくり冷ませばよいのかしら?

IMG_0284 [800x600]

試行錯誤は、まだまだ続きます(^^;

サンド・トルテ - 2011.11.21 Mon

以前ご紹介した本、「楽しい手作りのお菓子 」。

IMG_7150 [800x600]

お菓子作りを始めるきっかけになった
十代の思い出が沢山詰まった本です。
その中から、「サンド・トルテ」こと…
ドイツ風「砂のケーキ」を作ってみました。

森山サチ子さんのバターケーキ・レシピは
卵白を泡立てて生地に加えます。
ちょっと手間がかかるのです。
ふんわり、こんがり焼きあがりました。

IMG_7147 [800x600]

普段、ケーキのアイシングやデコレーションは省くことが多いのですが
今回は珍しくレシピ通りに仕上げてみることにしました。
杏ジャムをぬって、粉砂糖をふって
アーモンドスライスの王冠をかぶせてドレスアップ完了!

IMG_7241 [800x600]

「はちみち」の風味をかすかに感じる
シンプルなバターケーキ。
小麦粉にコーンスターチを少し加えていますから
ほろっとした食感。

IMG_7220 [800x600]

同僚からのロシア土産の紅茶をお供に
サンドトルテを頬張りました。
落ち葉に埋もれた庭を眺めながら…


「手作りの絵本・ぶきっちょさんのケーキづくり」 - 2011.08.27 Sat

10代の頃、愛用していたお菓子の本です。
今回、日本から持ち帰りました。

森山サチ子さんの
「手作りの絵本・ぶきっちょさんのケーキづくり」。
2009年に自己破産した雄鶏社の本です。

IMG_4770 [640x480]

ケーキに添えられた「かすみ草」、
ケーキに飾られた「黄桃」も
「昭和」を象徴しているような…(笑)。

IMG_4775 [640x480] IMG_4776 [640x480]
表紙にもなっているバースデー・ケーキ。
真っ赤なドレンチェリー、ピンクに色づけしたクリームにも
時代を感じます。

ラズベリーをふんだんに使ったフルーツパイ。
ラズベリーやブルーベリーにひどく憧れましたが
もちろんそんな洒落たベリー類が
当時、手に入るわけもなく…。

IMG_4779 [640x480] IMG_4791 [640x480]

ほのぼのした鴻巣博子さんのイラスト。
この本のマスコット・ガール(古~い!)↓「めんどりのジュディー」ちゃん。
愛嬌があって、かわいいのです。

IMG_4806 [640x480] IMG_4772 [640x480]
目次の頁の隅に母の字で書かれた購入日と本屋さんの名前。
30年ほど前に発行された本なのですね。
放課後、本の立ち読みにせっせと通った本屋さんも
今はもうありません…溜息。

ぶきっちょさんの用のレシピといえども
手の込んだレシピも多かったです。
IMG_4781 [640x480] IMG_4788 [640x480]
蜂蜜をたっぷり入るチョコレートのコーティングをほどこした
ブラウニーも美味しそう…!

当時、カカオ成分の低い廉価なチョコレートを使ってケーキを焼いていました。
私のチョコレートケーキのお味の方は今ひとつだったような…汗。

このレシピでりんごのクラフティーも焼きました。

IMG_4783 [640x480] IMG_4813 [640x480]
森山さんから読者へのメッセージ。
「ケーキの失敗も個性…」という言葉が印象的です。

何度焼いても未だに上手に焼けない
チーズケーキ(チーズスフレ・ケーキ)も紹介されています。

IMG_4786 [640x480]

「ぶきっちょさん」のレシピなら、私も上手く焼けるかしら…?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’17 (31)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'17 (29)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (20)
お菓子作り-2017 (34)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (46)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (16)
 -小林カツ代さん (11)
 -加藤久美子さん (9)
 -山本麗子さん (6)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (8)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (11)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (8)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (15)
 -大原照子さん (13)
 -北野佐久子さん (14)
 -マーマレード作り (13)
アメリカン・ケーキ (38)
 -渡辺みなみさん (25)
 -アーミッシュの焼き菓子 (15)
「和」のおやつ (14)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (13)
 -入江麻木さん (9)
 -赤毛のアンのレシピ (13)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (81)
ロンドン (83)
植物 (156)
見る 聴く 読む (37)
身の回りのもの (68)
旅-日本 (48)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ドイツ (7)
 -フランス (46)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (32)
 -ベルギー (15)
 -イタリア (25)
未分類 (0)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する