Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2017-10

消えたプリンス… - 2011.02.02 Wed

彼が到着した翌朝、まず起きて
プリンスを探しました。
キッチンにも、居間にもいません。
家具やソファーの下、部屋の隅、
キッチンの流しの下の戸棚の陰など
せっちゃんがやってき時に引きこもっていた場所も含めて
家中くまなく探しました。

締め切っていた寝室や地下室も念のため探しました。
それでも見つかりません…。
嫌な胸騒ぎがし始めました。
相方が
キャット・フラップ(庭に出るネコ用ドア)が開くようになっている…

体から一瞬、血の気が引きました。
プリンス、そういえば昨日、窓越しに庭を見ていました…。
せっちゃんもアップルも必ずドアから出入りしていたので
キャット・フラップのことは、まったく念頭にありませんでした。
まさか…!
慌てて庭に出ました。
彼の気配はありません。
二階に駆け上って裏庭を見下ろしました…。
外に跳び出して、家の周りを探しました。
それから相方と二人でご近所さんを一軒ずつノックして
庭を見てくれるようにお願いしました。

-ようやく私の元にやってきてくれたのに…
頭がガンガンして、目の前が真っ暗に…。

実家のお母さんに電話で事情を話すと
ご夫妻で遠くから車を飛ばして駆けつけてくれました。
それから、みんなで大声でプリンスの名を呼びながら
近所を探し始めました。
車の下も見たし、道行く人にも尋ねました。
絶対、外に出て行くような子じゃないのに…。
 深夜に抜け出したなら、もう手遅れかも。
 まだ、昨日到着したばかりで、この辺のことも匂いも
 わからないから、戻ってこれないだろうし…。

そんな言葉を聞いて
胸がつぶれそうになりました…。
ツメも切っておいたから、襲われても反撃できるかどうか…。

この辺には深夜になると
キツネも出没するのです…。
一旦うちに戻り、ビラを作って
この辺一帯に配るつもりでした。

今朝、起きた時にキッチンの流しから
「ガタン!」と音がしたのが
妙に気になってました。
相方にキッチンの流しの陰を
もう一度、見てくれるように頼みました。
懐中電灯を手に、床にはいつくばった相方が
いる~!!
なんと流しの下の戸棚と床のタイルの間に
奥のほうに白い物体が…!

そのすき間は、木枠で覆われています。
相方が木枠を外したら、
彼が潜伏する姿が見えたのです…。

IMG_0729 [640x480]

流しの下の戸棚と壁の間のすき間は
せっちゃんがハンガーストライキしていた頃、
よく潜んでいた場所でもありました。
ただ、「細身」の王子はさらに下降して
床と戸棚のわずか10センチほどの
すき間に入り込めたようです。

-なんでそんなトコに…。
ヘナへナ…とその場に倒れこみそうになりました。

いてくれて本当に良かった!!
 今まで大家族の中で育ってきたから、
 初めて一人の夜を迎えて、不安になったのね…。


実家のお母さんがそう言いながら、
私の肩をさすってくれました。
そうこうするうちに心配して、ビラ配りを手伝ってくれる…と
言ってくれた悪友夫妻も到着。
結局、その晩は実家のお母さんが呼んでも、もちろん私たちが呼んでも
そして、チキンでつってもプリンスの反応はありませんでした。

こうなったら彼が自発的に出てくるのを
待つしかありません…。
せっちゃん以上に「隠れん坊」名人だったプリンス。
そして、探し方のツメが甘すぎた相方と私(大汗)。

居たなら返事くらいしてくれても…と思いつつ、
彼だって好きでうちに連れて来られたわけじゃないものね…。
夜、見ず知らずの場所でいきなり一人にされて、
すごく不安で怖くってたまらなかったよね。
かわいそうな王子様…!

翌朝、まだ同じ場所に逗留してました。
ただ、ちゃかりごはんを食べて、
トイレも使った後があったので
私たちが寝静まった後、這い出てきて
一人で探検でもしていたのでしょうか?

その日は天国と地獄をいっぺんに
味わったような気がしました。
もし、プリンスが見つからなかったら…と
考えると今でもぞっとして
背筋が寒くなります。

翌日の夜、ようやく王子が
「穴倉」から出てきました。
「悪夢のすき間」を即、塞いだのは
言うまでもありません。

IMG_0734 [640x480]
(その頃のプリンス、やはりこんな不安気な表情してます…)

後日、悪友にはビシっ!と言われました。

-あの日ほど、あなたんちに行くのが
 気が重かった日は無かったわよ!
 もう、なんて言って慰めていいのやら
 あれこれ考えてさっ…!!

みんなに心配と迷惑をかけてしまって
なんとお詫びしたらよいのやら…大汗。
でもみんな飛んできてくれて、どんなに心強かったことか!!
心から感謝…涙。

プリンスの失踪騒動以後、パラノイア気味です…。
彼の姿が見えないと、無性に心配で
常に彼の居場所を把握していないと気がすまなくって。
相方もあきれ顔…汗。

IMG_0738 [640x480]
王子もお疲れさまでした…。

雪のような王子がやって来た日… - 2011.02.01 Tue

王子のお迎えには、相方がショーファーとして
車を出して一緒に付いてきてくれました。

1週間ぶりに再会したプリンス、きれいに洗われて、コーミングもしてもらい
見違えるようにピカピカ光り輝いていました

足の付け根にあった大きな毛玉たちも
消えています!


IMG_0818 [640x480]


ご夫婦に沢山撫でてもらって
上機嫌のプリンス。
それから、ケージに入れました。
ちょっと抵抗したけれど、
すぐにおとなしくなりました。

名残惜しそうに見送るご夫妻の姿を見たら
私までも切ない気持ちになりました。
そうして、彼が三年半過ごした家を
後にしたのです…。

ネコは繊細で神経質な動物。
特に順応するのに時間がかかる成ネコは
見知らぬ場所に連れてこられると
しばらくの間、引きこもることがあります。

11年前にせっちゃんを引き取りに行った時、
身の危険をいち早く察知した彼女、
ソファの下に隠れてしまい断固として
私たちとの面会を拒否しました。

二度目に訪れて、やっと連れ帰えることができた時、
人一倍デリケートで臆病なせっちゃんは
二ヶ月近く、引きこもりましたから…。

そんな過去の経験から
王子もすぐにうちに馴染んでくれるとは
まったく思っていませんでした。
むしろ、この子はどのくらい引きこもるんだろうなぁ…と
心の準備はしていたつもりです。

想像に反せず、家に到着するなり、
キッチンの隅に立てかけてある
アイロン台と壁のすき間に
すばやく身を隠したプリンス。

六時間ほどそこに逗留していたでしょうか。
その間、時折、声を掛けたりしましたが
そっとしておきました。

夜九時をまわって
私の呼びかけに応じて、
ようやくすき間から這い出てきました。

忍者のように上体を低くしながら
抜き足、差し足で家の中の探索を開始。
すき間というすき間をくまなくチェック。

それが終わると私や相方の足元にまとわりついたり
私の行く先々を追いまわしたり…。

さすが、若きプリンス!
柔軟性があって、馴染むが早い…なんて
胸を撫で下ろしました。

そんな風に油断した私が
「浅はか」だったと気がついたのは
翌日のことでした。


IMG_0821 [640x480]


プリンスが忽然と姿を消して
大騒ぎになるなんて
夢にも思っていなかったのです…。



プリンスのいる暮し - 2011.01.31 Mon

少しだけ寝坊した朝。
いつもと変わらない穏やかな週末。


IMG_0804 [640x480]


キッチンに下りてきたら
まずお空のお嬢たちにご挨拶。


IMG_0808 [640x480]


変わったことと言えば
家の中の空気を静かにかき混ぜてくれる
ニャンがうちにいること。


IMG_0798 [640x480]


ささやくように話しかけたり、
目を拭いて、ごはんを用意したり、
トイレをお掃除したり…。
日々、ニャンに仕える暮らしが
ふたたび始まりました。


IMG_0801 [640x480]


三歳半になる我が家のプリンス。


IMG_0780 [640x480]


王子が到着して、はや1週間。
隠れることも少なくなって
毎日少しずつ新しい環境に
馴染んできています。


IMG_0835 [640x480]

通称「キング」…だけど、とっても小柄。
か細い声で鳴いて「しもべ」の後を
追いかけてくるので
「プリンス」と呼びます(笑)。

そのうち「雪王」という名に恥じないくらいの威厳が
備わってくるかしら…笑?


IMG_0819 [640x480]


これからプリンスとの日々の暮らしを
少しずつ記していこうと思います。

やさしいお節介… - 2011.01.20 Thu

いじけたプリンスに会いに行く前に
友人にしっかり釘を刺されていました...。
- 相方とはちゃんと話し合ったの?
 もし、対面してちょっと違うなぁ…って
 思ったら潔くあきらめなさいよ!!
 
彼の生い立ちを聞いて「嫌な胸騒ぎ」がしたという彼女。
一緒に来てくれるのは心強いけれど
内心、厄介なことになったなぁ…と思いました。

-男の子はパワフルだし、女の子とぜんぜん違うからね~!
おまけに非常にハイパーなオスネコ君と
暮らしている友人が脅します…汗。
でも、彼が抱かれて部屋に入ってきた時、
私たちは瞬く間に彼に魅了されてしまいました。
積極的に質問しまくる友人。
(私が聞こうと思っていたことなんですけど…汗)
彼を抱っこしたり、おもちゃで遊ばせようとしたり。

-あのぉ…誰がこの子を引き取ろうと思ってるわけ?
と私がたしなめると
- なに言ってるの!あなたのネコにとって、私は小母さんも同然!
  黙ってられるわけがないでしょっ!!
すごい力の入りよう…汗。

最後には
- あのいじけた顔みて…。
 世のため、人(にゃん)のため、あなたが面倒見るしかないわね。
会う前はとろけるような目で
-ねぇ、子ネコにしたら?
 飼うなら天使のような子ネコが一番なんだから~
なんて言ってたの一体どこの誰よ…って思いました(苦笑!

彼に会う前は緊張しまくっていた友人とは反対に
私はすごく落ち着いていました。
いろいろ事情は聞いていたけれど、もう決めていたのです。
例えどんなに手が焼ける子であっても
引き取る!と。

ペルシャ系の長毛ネコの気質や手入れは
心得ているつもりです。
なによりもせっちゃんとアップルのご実家の
穏やかなご夫婦のもとで育ったニャンだったから
信頼していたのです。
ただ、コーミングと爪切りには一苦労しそうだなニャァ~。
あの王子がこの世で最も嫌うものだから…汗。

あっ、そんな女の子、どっかにもいたよねぇ…苦笑。
DSCF0140 [640x480]
(アップル-2008年ごろ撮影)

待てば甘露の日和あり... - 2011.01.19 Wed

少しずつ「坊や」を迎える準備を始めました。
ずっと片付けられなかった
せっちゃんが使っていたクッションやトイレもきれいに洗いました。
キャットフードの小袋も買ってきて戸棚に収めたり。
フード用のお皿もヒビが入ってしまったから
買い換えないと!
近所の雑貨屋さんでAlessiの蓋つきの可愛いフードボールを見て以来、
ひどく気になっています…(^^;

新しい爪とぎも買ってこないなきゃ。
新しい子を迎えるのは嬉しい…!!
その反面、ちょっと複雑な気持ち。
また一つの命をお預かりするわけだから
責任重大。
お空のアップルやせっちゃんは了承してくれるかしら…。

何よりも気がかりなのは、アレルギー持ちの相方の事。
寝室に入れないのなら…と譲歩してくれましたが
結局、自分の我を通す結果になって
後ろめたい気持ちがぬぐえません…。

年内には長年、頓挫していた家の改装にも着手しようとおもいます。
家中のカーペットを取り除いてフローリングにして、
ほこりのたまりやすいカーテンは取り外す。
そのかわりブラインドーを窓に設置する…etc.
時間はかかるだろうけど、
みんながハッピーに暮らせる環境を少しずつ作っていきたいです。

さて、問題児の「毛玉王子」こと
ふくれっつらのプリンス。
毎日、せっせとコーミングされている模様です。
かなり暴れ叫んで、作業も難航してとか…苦笑。
毛玉を取り除かないとシャンプーもままなりませんからね。
毛繕いにはまだ時間がかかりそう…。
きれいにして里子に出してあげたい…と
言って下さっているのだから
せっかちになっては駄目…。
でも、やっぱり気が変わった…なんて
言われたらどうしようと心配になったり。
あれやこれやと思いを巡らす毎日です。

IMG_9919 [640x480]

でも、こうして待つことにも何らかの意味があるのかもしれません。
機が熟した時、彼はうちにやってくる。
気長に待たないと…。
気長に。

ふくれっつらのプリンス… - 2011.01.17 Mon

- 年が明けて、またネコと暮らしてもいいなぁ…と思えたら連絡を下さい…。

年末、そんなカードをいただいて以来、
ずっと心が大揺れに揺れていた…。

小柄なその子は、一緒に暮らしている威厳あふれる男の子たちに萎縮して
自分の居場所がうまく見つけられないみたい。
自信をなくして、心がひねちゃった…。

どんな子なのか無性に気になって
彼に会いに行くと決めた時、頼みもしないのに(!)
悪友まで一緒についてくると言い出した(苦笑)。

彼女も彼のことを聞いて居ても立っても
居られなくなったらしい…。

-もう緊張しちゃって、どうしよう~!

当日、電車に揺られながら
胸に手を当てて口走る悪友…苦笑。


IMG_0582 [640x480]

彼を一目見た瞬間、私と悪友

-うわぁぁ…!

と声を漏らしてしまった。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’17 (36)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'17 (34)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (20)
お菓子作り-2017 (39)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (47)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (16)
 -小林カツ代さん (11)
 -加藤久美子さん (10)
 -山本麗子さん (6)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (8)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (13)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (8)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (20)
 -大原照子さん (14)
 -北野佐久子さん (15)
 -マーマレード作り (13)
アメリカン・ケーキ (40)
 -渡辺みなみさん (27)
 -アーミッシュの焼き菓子 (16)
「和」のおやつ (15)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (13)
 -入江麻木さん (9)
 -赤毛のアンのレシピ (13)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (85)
ロンドン (83)
植物 (157)
見る 聴く 読む (37)
身の回りのもの (68)
旅-日本 (48)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ドイツ (7)
 -フランス (46)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (32)
 -ベルギー (17)
 -イタリア (25)
未分類 (1)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する