Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2017-07

熱々のオニオンスープ - 2017.01.20 Fri

再びオニオンスープを作りました。
マーマーレード作りをしながら
スライスした玉ねぎを弱火で
一時間くらいかけて火を通しました。
時々、思い出したようにかき混ぜて。

すっかり「かさ」が減ってしまった
オニオンは、市販のスープストックを
加えなくてもいいんじゃないか・・・と
思えるほど、甘~く
味わい深くなりました!

スープを耐熱性の器に
薄めにスライスしたパンにのせ、
チーズをたっぷりふってオーブンへ。

201701160532253db.jpg

たまたま冷蔵庫にチャイブがあったので
刻んでスープの上に散らしました。
倉敷の友人が持たせてくれた
陶器のスプーンを添えて。
金属のスプーンより、
陶器のスプーンの方が
しっくりくるような気がして・・・。

三日三晩(お昼の時もあったけれど...)
熱々のオニオン・スープを
堪能しました。

初めてのお赤飯 - 2017.01.16 Mon

何かおめでたいことがあった・・・
というわけではないのですが、
圧力鍋で初めてお赤飯を
炊いてみました。
おはぎ用に買ったもち米、
普段なかなか消費する機会がありませんから。

20170116064939bff.jpg

水分が多かったのか
やや「お餅」のようになってしまいました…(^^;
ランチ時、ゴマ塩をふって
同僚と一緒にほおばりました。
腹持ちがよいので
夕飯の時間になっても
お腹が空きませんでした。

オニオン・スープ - 2016.10.26 Wed

朝、眼を覚ますとまだ薄暗く
もう少し寝られるかな…なんて
目覚まし時計に手をやると
7時になろうとしていました。
慌ててとび起きました。

20161026065213fd7.jpg

今週末にはサマータイムも終わり
時計の針を一時間もどします。
来週からはもう少し朝が明るくなります。
と言っても日が
どんどん短くなっていますから
そのうち再び暗〜い朝を
迎えることになるのですが…。

晩に、余っていた玉ねぎで
オニオンスープを作りました。
薄くスライスした玉ねぎ、
飴色にはなりませんでしたが
20分ほど気長に炒めました。

2016102606505360a.jpg

トーストしたパンと
摩下ろしたコンテ・チーズを
たっぷりのせて、グリル。
パンが分厚過ぎてスープを
だいぶ吸ってしまったけれど
美味しかった〜。
足先まで体がポカポカに温まりした。

もうすぐ11月。
よく火を通したお料理が美味しい
季節の到来ですね。


洋梨のサラダ - 2016.10.14 Fri

スーパーが発行する雑誌に紹介されていた
洋ナシのサラダ。

20161014042638e8b.jpg

ファーマーズ・マーケットで買った
洋ナシで早速作ってみました。

20161014042647219.jpg

洋ナシのほかに…
フェンネル、チコリ、クレソンも混ぜ合わせ
仕上げに削ったパルミジャーノチーズを散らしました。
しゃきしゃきの歯ざわりのよいサラダ。
実の硬い洋ナシがほんのり甘いカブのような感じ。
自分ではけして思いつかない組合せです。

ちょっと風変わりなサラダ、
二夜連続で美味しくいただきました。

Autumn has arrived ー有機かぼちゃ - 2016.10.03 Mon

週末のマーケットで
かぼちゃが売られていました。

201610030718219fa.jpg

小さめのかぼちゃを選んで
買ってみました。

201610030718411d2.jpg

切り分けて、カマルグの「塩の花」をまぶし
少量のお水とお醤油で蒸し煮しました。

20161003071842ab4.jpg

ほっくり甘いかぼちゃの煮物は
今週のお弁当のおかず。
友人にも初物のかぼちゃを食べてもらいたくって
おすそ分け用にタッパーに
詰めました(^^)


Autumn has arrived. - 2016.10.03 Mon

先週、同僚が手作りの有機豆腐を
まとめて注文してくれました。
お豆腐だけでなく、がんもどきや
おからドーナツなどもあったにですが
私は厚揚げをリクエスト。
白菜と一緒にコトコト煮込んで
いただきました。

201610030656373c1.jpg

煮物が美味しく感じ季節に
なったのですねぇ…。

ファーマーズ・マーケット - 2016.09.29 Thu

久ぶりに自宅にもどると…
お気に入りだった近所のパン屋さんや
ナチュラル・カフェ、
相方が時折テイクアウトしていたピザ屋さんが
消えていました。
個人経営で数年がんばっていたのに
残念…。

ただ、家から数分のところに
ファーマーズ・マーケットが
開かれるようになっていました。
小規模ではありますが、
気軽に買い物できるのは有り難いです。
以前は車で隣町のマーケットまで
買い物に行ってましたから(^_^;)

201609280841222ce.jpg

先週末、マーケットで買った
新鮮な有機野菜や天然酵母のパン。
それから、小さな可愛いりんごも買いました。

201609280836126b0.jpg

スライスすると、中はほんのり桜色。
これから、りんごや梨の美味しい季節ですね~。

20160928084122c8a.jpg

気持ちに余裕ができたら
マーケットに並ぶ旬の果物で
アップルパイや梨のタルトなんかも
焼きたいです…。

アイス・ルイボスティー - 2016.09.07 Wed

この夏は例年になく冷たいものを
よく口にしました。
たくさんストックのあった麦茶の
ティーバックも使い切ってしまいました。
今尚ホットフラッシュが活発だし(苦笑)、
まだまだ冷たいものが欠かせません。
そんなわけで…
最近はバニラ風味のルイボスティーを
冷やして飲んでいます。

20160831051327ef0.jpg

5月末に訪れたブタペストで購入した
有名な陶磁器「ヘレンド」のリーフ・ティーです。
ルイボスティーの他にも、
フルーツティー、アッサムティーも
お土産に買いました♪
一袋400円程だったかと思います。
高価な陶器には手が届かないけれど、
お茶ならお財布にもやさしい(^^)

20160904000057217.jpg

ほんのりバニラのこっくりした
琥珀色のアイスティー、
連日真夏日だったブタペストを
思い出してながら楽しんでいます。

アーユルヴェーダ治療院のレシピから - 2016.08.02 Tue

南インド・スリランカ料理に興味が湧いて
こんなレシピ本を手に入れました。

「アーユルヴェータ治療院のデトックスレシピ」
201608020632037c4.jpg

今、住んでいるインド系の人が多いエキゾチックな町や
行きつけの南インド・スリランカ系のレストランの
お料理に感化されて・・・(^^
さらっと軽く食べやすいカレーは自分にとっては
目から鱗だったのです。

スリランカにあるというアーユルヴェーダ治療院
「バーべリン・リゾート」で
出されている野菜料理のレシピが掲載された本。
本を眺めながら、治療院にゆっくり滞在し、
アーユルヴェーダ・セラピーを受けながら
のんびり過ごしたい…
なんて夢みたりしています。
本に逃避して白昼夢にひたっているばかりでなく…苦笑
簡単に出来そうなものをいくつか作ってみましたよ。

20160718075231d99.jpg 20160718075243519.jpg

201607180752230a6.jpg 201607180753460ef.jpg
右の写真はレシピには関係ないけれど、最近気に入っているトルコの平パン。
お料理に添えました。

写真を摂り忘れましたが、この本のレシピを参考に
自己流で人参とヒヨコ豆をココナツミルクで煮込んだカレーも
スパイス控えめにして作ってみました。
なかなかの出来栄えで、大満足でした。

以前何度か作った若山曜子さんのサイトに掲載されていた
スリランカのバナナケーキ
この本に掲載されたものだったのです。
まだまだ作ってみたいレシピがたくさんあります。

ところで週末、友人とベジ・レストランに出かけました。
ずっと気になっていたお店でしたが、
たいていインド系のお客さんでにぎわっていて
なかなか一人では入れずにいたのです。

今回はセットメニューを注文してみました。
201608020632021fa.jpg
ありとあらゆるカレーが少しずつ。
アマランサのようなもちっとした穀物を甘く炊いて
鮮やかに色付けしたお料理もあって、ちょっと驚きました…(^^

食べても、食べてもなかなか減らなくって
ほんと、おなかいっぱいになりました・・・。
けっこう辛くスパイスが効いたカレーもあったけれど、
日を置いて、また食べに行きたいと思っています。
私の本格派カレーブームはまだまだ続きそう・・・(^^


フルーツで迎える朝 - 2016.06.21 Tue

色鮮やかなフルーツが
店頭に並ぶ季節。

20160621054831948.jpg

ついつい、いろんなフルーツを
買い込んでしまいます。

201606210548362f6.jpg

のんびり朝食がとれる週末の朝、
のどの渇きを癒すかのように
瑞々しいフルーツをたっぷりと
いただきました。

久々にスイカ - 2016.06.16 Thu

近所に24時間営業している
トルコ系のスーパーがあります。
デーツ(なつめやし)やグリーンレーズンなどの
ドライフルーツ、
オーガニックのスパイスやトルコ製食材、
大瓶に入ったヨーグルトなど
興味深いものが沢山、
手頃な値段で売られています。
眺めているだけで楽しくなります。

201606160641157e0.jpg 20160616060432ecc.jpg 
店頭には色とりどりの野菜やフルーツが陳列。

蒸し蒸しする日が続いたので、そのお店で
スイカを買いました。

2016061306492197d.jpg

楕円形の巨大なスイカだったので、
4分の1に切り分けたものにしましたが
ずっしり、重かったです…。
甘くって瑞々しいスイカ、おいしくって、
ついつい食べ過ぎてします(苦笑。

20160613064903e9a.jpg
カマルグのお塩を振って、頬張りました!

そのスーパーの店内には、
ちょっとしたベーカリーもあり
トルコのパンや量り売りのクッキー、
そして、バクラヴァもおいています。
バクラヴァはナッツのフィリングを
パイ生地で包み、蜂蜜でひたした
甘~いお菓子。
時々、食べたくなる味です。
イスタンブールを訪れた時、
専門店で買ったバクラヴァのおいしさは、
今でも忘れ難いです。

201606130649414cc.jpg
今回買ってみたバクラヴァも
新鮮でしっとり、なかなかのお味でした。
カロリーのことは忘れて、味わいました〜

ところで、会社の新しい上司は
回教徒です。
6月6日からラマダン中。
7月上旬まで延々と続くラマダン、
明るいうちは、食べ物や飲み物は、
一切口にできないそう…。
今の時期のロンドン、日が長く
夜9時を過ぎても、明るいのです(汗。
夏至には10時頃まで、明るかったりするので
上司は辛い…!と言っておられました。
夏には日が暮れない北欧で
ラマダンをする人達は
どうやって耐え忍ぶのだろう…と
考えてしまいました。

ラマダンが明けたお祝いには、
バクラヴァのような甘〜いスィーツが
山盛り食卓に並び、開放感に浸りながら
こころゆくまで楽しむのでしょうか…。

果実の季節 - 2015.07.07 Tue

6月に入ってから、ほぼ毎日フルーツを食べていました。
普段はあまり食べないのに、体が無性に欲しているという感じでした。
気温が急に上がり、ホットフラッシュにも悩まされた時期と
重なったせいかもしれません...。

真夏日が続いて、はまってしまったのがスイカ。
IMG_3665 [640x480]

何十年ぶりに食べました(笑。
最初は、一口サイズにスライスされたパックを買っていました。
でも、ホールで買ったほうがずっと割安じゃない!と友人に言われて以来、
小ぶりのスイカを買い込み、ざくっとナイフを入れて
毎晩せっせと食べています(^^;

ある日スーパーで買ったスイカはハズレ。
甘みも瑞々しさもいまひとつ...。
がっかりしましたが、お水とメープルシロップを少し加えて
ミキサーでジュースにしてしまいました。
(「徹子の部屋」で徹子さんとゲストの佐々木蔵之助さんが仲良く、
おいしそうにスイカジュースを飲んでいる姿を見て
飲んでみたくなったのもあります)

IMG_3694 [640x480]
相方は種ごとジュースにしたの・・・!とあきれていましたが
少したつと沈んでくるから、私はあまり気になりませんでした(^^

週末には隣町のファーマーズ・マーケットに出かけ
イギリス産のさくらんぼや、オーガニックのイチゴも買っています。

001 [640x480]

イギリス産のさくらんぼは、貴重かもしれません。
収穫量が少ないのかスーパーに並ぶさくらんぼは
スペイン産がほとんどだからです。
我が家の庭で少しだけ収穫できた酸味の強いさくらんぼと違って、
肉厚で甘く、とってもジューシー。
一口食べ始めたら、もう止まりません!

IMG_3690 [640x480]
友人たちとの公園でピクニックにも、持っていきました。
おいし~と大好評でした。

奮発して2ケースも買いましたから、
ケーキも焼けるなぁ…なんてもくろんでいたのに
結局、完食してしまいました。(^^;
旬のさくらんぼは、生でいただくのが
やはり一番おいしい・・・!

冬のマーケットにて - 2015.01.14 Wed

週末、今年初めてファーマズ・マーケットへ。

IMG_9532 [640x480]

冬野菜や果物は限られていますが...。

IMG_9556 [640x480]

お気に入りの海藻入りのサワードウのパンも
買いました。

IMG_9563 [640x480]

ほんのり磯の香りがするパンに、
うっすらバターを塗っていただくのが好きです。

IMG_9570 [640x480]
以前、パリを訪れたとき友人が持たせてくれた海藻バターを思い出します...。

野菜は大きくカット。
ことこと煮てポトフを作りました。

IMG_9627 [640x480]

久々のポトフで、体の芯からあたたまりました(^^

果物の秋 - 2014.11.12 Wed

夏は毎日のように果物をいただいていましたが、
秋になっても、朝にりんごをかじったり、
週末の朝食にはフルーツサラダを用意したり・・・。

IMG_9166 [640x480]
週末、ファーマーズ・マーケットで買ったフルーツです。

10月に日本に帰って驚いたのが、りんごの大きさでした。
イギリスのりんごは、ずっと小ぶりで、不揃いなものが多いです。
品種改良もされているのでしょうが、
もっと酸味があって、日本のものよりも、もっと自然に近い感じ。
ですから福島で食べた体格のいいりんごが、
とっても新鮮に思えました...苦笑。
こちらでは、リンゴを丸かじりする人が多いですが、
日本のリンゴ、丸かじりは、大き過ぎて到底無理そう。
やっぱり皮をむいて上品に食べたいです(^^

兄や父とスカイラインへドライブに出かけた時も
リンゴの木を沢山見かけました。
途中、直販店に立ち寄り、様々なりんごや桃、葡萄も
味見させていただきました。
久々に食べた福島の「桃」、旬は過ぎていましたが
瑞々しく、1個500円ほどのお値段がついていました(^^;
それから大粒の「巨峰」にも感動・・・!
品のある甘い香りの葡萄の虜になり
一房600円もする巨峰を思わず買ってしまったのも
いい思い出です(^^;

068 [640x480]
家族5人で大事に食べた福島の巨峰。
相方も
こんな葡萄、食べたことがない...!
直販店で様々な果物の加工品も試食しました。
特に珍しい「トマト甘納豆」や「塩メロン」が気に入って購入。
ロンドンに持ち帰ってきました。

田舎では、たわわに実った柿の木もあちこちで見かけました。
そんな光景もひどく懐かしく、立派な実に手をのばして、
もいでしまい衝動に駆られました(笑。

IMG_9236 [640x480]
イスラエル産の柿。

ロンドンのスーパーでも柿は買えます。
イギリスで売られている柿にもいろんな呼び名があるようです。
日本と同じく「カキ」と呼ばれたり、
「シャロン・フルーツ」と表示されたり。
私が一番好きな呼び名は「パーシモン」。
言葉の響きが洒落ていると思いませんか?

今の時期、福島で食べた果物を懐かしみつつ、
イギリスの「秋の恵み」もしっかり楽しみたいと思います(^^

久々にマーケット - 2014.08.07 Thu

先週末、久々に隣町のファーマーズ・マーケットに行ってきました。

旬の野菜や果物をたんと買い込みました。
003 [800x600]
イギリス産のぷりぷりのチェリーも2ケースで£5でした♪

新鮮なオーガニックのパンも何斤か購入。
001 [800x600]
スライスして、冷凍しておきます。

マーケットのお野菜、スーパーに並ぶものと違って形も不ぞろいだけど
生きがよいです。
010 [800x600] 

オーガニックの地鶏卵も藁がついいたり
ちょっと汚れていたりするのですが
スーパーのものとは比べ物にならないくらい大きくって
値段も安いのです。

007 [800x600]
エッグ・スタンドにうまくおさまらないくらいの大きさ!

珍しいオーガニックのグリーントマトは
その日に買った海藻入りのパンといただきました(^^

012 [800x600] 008 [800x600]

新鮮なものばかり揃ったその日の朝食は、かなり充実。
体も喜んでいるような気がしました~

瑞々しくフルーツ - 2014.07.08 Tue

最近、フルーツをよく食べています。
体が瑞々しい果実を欲しているような感じです。
秋・冬は生のフルーツはほとんど口にしませんから
清々しい気候がそうさせるのでしょう。

033 [800x600]

フルーツは、たいていそのままいただきます。
朝のフルーツは体にしみわたるような気がして
特に美味しく感じます。
IMG_6659 [800x600] IMG_6655 [800x600]

ただ、酸っぱめの苺にあたった時は
お砂糖を少々ふりかけ、グランマニエかアマレットを数滴垂らして
マリネしてからいただきます。
苺から水分が出て、リキュールとお砂糖が混ざり合って
酸味も和らぎます。
子供のころはたっぷりのミルクとお砂糖をかけて
スポーンの背でつぶしながら食べていましたが
さすがに今はしなくなりました(笑。

そうそう今年は庭の桜にさくらんぼがなりました♪
IMG_6359 [800x600]

たった3,4粒だけですが...。
一粒、食べてみたら甘みより渋みと酸味の方が強かったです。
日当たりの悪い庭ですからね...。

IMG_6373 [800x600]

もっと沢山なってくれたなら、チェリーコンポートができたのに...なんて(^^;

日々の何気ない雑記を更新していますが
子育ての合間に読んでくださっている方もいらっしゃると知って
とっても嬉しくなりました。
ブログを続ける励みになります。本当にありがとうございます。

嵐のランチ - 2014.02.17 Mon

強風の週末、東ロンドンのショーディッチまで
相方とランチに出かけました。
電車が何本かキャンセルされ、遅れが出ていました。
天気を考慮して早めに家を出たつもりでしたが
予約していた時間にも遅れてしまいました...。
そんな悪天候の日に外食する人は少ないのか?
到着すると広々したレストランはがらんとしていました。
時間がたつと徐々にお客さんが入ってきましたが...ほっ。

IMG_3264 [800x600] IMG_3263 [800x600]

私はランチセット・メニューから野菜スープ(味付けがやや濃いめでした)とお魚のグリル、
相方は鯖のクリーミーな前菜とポークを選びました。

IMG_3267 [800x600] IMG_3266 [800x600]
食後、コーヒーを頼むとレモン風味のマドレ-ヌも一緒にサーブされました。
焼き立てで、ふわふわ!とっても嬉しくなりました。
久々にマドレーヌを焼きたくなってきました(^^

程よくお腹がいっぱいになって
再び外に出ると、雨は止んでいましたが
強い風はまだ猛威をふるっていました...。

IMG_3271 [800x600]

帰りは電車に懲りて、途中までバスに乗りました。

IMG_3273 [800x600]

バス停の看板もぐらぐら揺れていて、怖いくらいでした...。
この風で友人宅の庭の塀はなぎ倒されたそうです。

最高のディナー - 2014.02.14 Fri

ある晩、相方のダイビング友、ニック宅にディナーに招待されました。
到着するとシャンペンを勧められ
-クレーム・ド・カシス(カシスの甘いリキュール)を入れてどう?
と言われて、きょとんとしました。
それが「キール・ロワイヤル」という名のカクテルであることを
初めて知りました。
それまで、シャンペンのカクテルと言えば
オレンジジュースを加える「ミモザ」くらいしか知りませんでしたから。
お酒を飲まない私は、オレンジジュースをいただきました(^^;

しばらくキッチンで立ち話しをした後、
ディナーが始まりました。
ダイニングルームに案内されるとテーブルの上にはキャンドルが点り、
チャイニーズ風のお皿がテーブルの上にきれいに並べられていました。
日本人がそんなお皿を使うと妙に馴染んでしまうのですが
イギリス人が東洋のお皿を使うと
なんだか粋に思えてくるから不思議です(笑。
食事がはじまるとニックが部屋の照明を落としました。

前菜は地中海風のセラミック皿に盛られた
手作りのグアカモレ(アボガドディップ)とフモス(ひよこ豆のディップ)。
サワードウのパンと一緒にいただきましたが、
スーパーで売っているものと比べ物にならないくらい新鮮で
いくらでもいけそううでした。
-このフモスすごくおいしい!
と私の隣に座ったニックに声をかけると
-隠し味にクミンをほんの少し加えているんだよ!
とウィンク。

メインはフィッシュ・パイでした。
付け合わせは香りのよいハーブをまぶしたロースト・ベジタブル。
フィッシュ・パイもソースがさらっとして、
サーモンやタラがゴロゴロ、ゆで卵まで入っていて、びっくりしました。
お魚の上に広げたマッシュポテトは薄めで
お腹に重くたまることもなさそうです。
フィッシュパイがこんなにも美味しいなんて
それまで感じたことがありませんでした。

メインが終わるとワインを飲みながら、(私はお水で...)
チーズをいただきました。
カマンベールはクリーミーでとろけるよう!
-常温で熟成させたからね。
とニックがさらりと答えます。
フランス人のダイビング仲間が
デザートの前のチーズはとっても嬉しい!!
(フランス式だったのですね)
思わずドキリとして、
チーズはほんの少しでやめておきました。

そして、最後にチャイナ風の大皿に載せられた「パブロバ」が登場。
焼いたメレンゲの上には酸味のあるプラム・コンポート。
泡立てた生クリームがコンポートの上にふんわり。
パブロバにはベリー類をのせることが多いけれど
プラム・コンポートをのせてもいいんだぁ・・・!と目から鱗でした。
プラムの酸味とメレンゲの甘み、クリームが見事にマッチしていました。
中途半端に残ったパブロバ。
-メレンゲが湿っちゃうから、誰か食べきってくれないかなぁ?
と懇願するように言うニック。
作った人の気持が痛いほど分かったけれど、もうお腹いっぱいで
それ以上は到底無理でした...。

-食後のコーヒーは?
と行ってキッチンに消えたニック。
しばらくするとガラガラという音がキッチンから聞こえてきました。
-あの音って...?
-もしかしてコーヒー、挽いているとか?!
みんなで顔を見合わせると
-南米産の「フェア・トレード」コーヒー淹れたよ。
 もっとくつろげる居間でコーヒーを飲もう!

実は、この晩は軽い気持ちで出かけたのでした。
カジュアルなディナーと言われていたので。
7時に訪れて、ニック宅を後にしたのが日付けが変わる少し前でした。
まさか、一番印象的で、一番美味なディナーを
いただくことになるなんて夢にも思っていませんでした。
至れり尽くせりのおもてなしにも心から感謝でした。

現役から退き、時間的に余裕はあるとはいえ、
下準備にもずいぶん時間がかかったはずです。
本人は、それほどでもないよとサラッと答えていましたが。
彼はほんとに美味しいもの、おいしい食べ方を
熟知している人なのではないかと思いました。
そんなイギリス人もいるのです(失言、失礼!)
この晩は感嘆しどうし。ほんとうに勉強になりました。

013 [800x600]

ニックのところで食べたフィッシュ・パイが
あまりに美味しかったのでうちでもフィッシュ・パイを作ってみました。
私が作るつもりだったのに、
相方が自分がやる!と言ってお料理の本を片手に
フィッシュパイに初挑戦。
相方の作ったフィッシュ・パイもなかなかでした。

アマンダ・ヘッサー のアマンダの恋のお料理ノートを読んだ時も影響を受けましたが
今年はお料理にももう少し力を入れて新しいレシピにも挑戦してみよう・・・!
と改めて思いました。
普段は簡単で、すぐできるものばかり作っていますので(汗。
来月、相方は料理上手なニックとボルネオへ旅立ちます。
もちろんダイビングするために...!

----
日本は雪がひどいようですね。
イギリスも強風や大雨で各地が水浸しになっています。
今週末はこちらも再び天気が荒れるそう...。
どうぞお気をつけて良い週末を過ごしください。

チーズ入りグラタン - 2014.01.28 Tue

もうじき読み終わるのですが、「アマンダの恋のお料理ノート」という本を
今、読んでいます。
NY在住でフードライターでもあるアマンダのレシピ満載のエッセイ。
文章も生き生きしていて、読んでいると自分もお料理がしたくなってきそう。
普段あまり使わないハーブや赤ワイン・ビネガー、
甘い香りがするというマイヤーレモンも使ってみたいです!
レシピはリッチなものが多いから、カロリーが気になりますが(^^;
気になるレシピには付箋を付けながら読んでいます。
この本を翻訳をされている渡辺葉さんという方もNY在住で
知らなかったのですが椎名誠氏の娘さんなのですね。
きっと渡辺さんもお料理好きな方なのかしら...なんて
読んでいてふとそう思いました。

週末、早速本のレシピでチーズ入りグラタンを作ってみました。
グラタンにチェリートマト(缶詰めのもの)を加えるレシピが
妙に気になって。
クリーミーなお料理は普段、滅多に作らないので
グラタンをちゃんと作るのは今回が初めて。
まずはベシャメルソース(ホワイトソース)から。
ミルクはほんのり温めて、レシピより少なめのバターで炒めた
小麦粉にくわえました。
そうするとダマにならないと何かの本で読んだ覚えがあるので...。

033 [800x600]

スーパーで売っているすりおろしたチェダーチーズも
ソースに控えめに加えて出来上がり。
結構うまくできました(^^
茹でたパスタとあえます。

035 [800x600]

チェリートマトの汁をしっかりきってパスタに加え、
前日に茹でたブロッコリーもあったので、
それも一緒に加えました。
(本のレシピではハムを加えますが、それは省きました)

037 [800x600]

グラタン皿に移し、チーズとパン粉を振って
オーブンでソースがぐつぐつするまで焼きます。

039 [800x600]

グラタンってもっと手がかかるものだと思っていましたが
意外に手軽にできるものなのですね。

040 [800x600]

今回は控えめにしたのですが、チェリートマトとホワイトソースは
もっとたっぷりの方が美味しいかも。
今回はチーズが入るので、お塩をふらなかったのですが
次回はもう少し塩味を効かせようと思います。
それからグリーン・サラダもグラタンに添えたいです。
アマンダはこのチーズ入りグラタンを頬張ると、
おいしさに泣きそうになるそう。
それほど好きなんですね。
冬のオーブン料理は心も体が温まります(^^
あー幸せ...!
このグラタン、また作ろうと思います。

薬膳(ヤッパブ) - 2014.01.21 Tue

しょうが茶に気をよくして、「きょうも、おいしかったね」から
薬膳(ヤッパブ)という甘い「おこわ」みたいなものを
作ってみることにしました。
ただ...
甘く炊いたご飯というものが、どうしても想像がつかないのです。
こちらのスーパーでデザートとして売られている甘いミルク煮のごはん、
「ライス・プディング」はどうも違和感があって...。
未だに怖くって、口に入れることができません(汗。
「おはぎ」なら大好きなのに...
そんなわけで今回は控えめに
半量で作ってみることにしました。

042 [800x600]

一晩水に浸したもち米を蒸籠で蒸します。
もち米を蒸すのも初めての体験でした...!

095 [800x600]
途中、打ち水をしながらやわらかく蒸したもち米はつやつや~(^^

黒砂糖(20g程度です)、はちみつ、しょうゆを合わせて煮溶かしたシロップを
もち米に加え、混ぜ合わせます。

096 [800x600]

栗、レーズン(普通のレーズンがなかったので「ラム」に漬けたレーズン)も加えて、
ちょっとためらいましたがシナモンパウダーもほんの少しだけ振って
さらに蒸して、味を馴染ませます。
(シナモン風味の「おこわ」も想像がつきません...)
甘納豆や松の実なども加えるのですが、家にはなかったので
今回は省きました...。

101 [800x600]

薬膳(ヤッパブ)、出来上がりました。
会津塗の小皿にやさしく盛って、
なつめのしょうが茶を添えました。
一緒に食べると美味しいとキョンファさんが
書かれていたので。
こわごわと口に運びました...。

121 [800x600]

あっ、いける...!
黒砂糖のほんのり甘い懐かしい味。
かすかなシナモンの風味がアジアのエキゾチックさを醸し出しているような・・・。
ただ、ラムレーズンともち米はNGでした(><
バター、お砂糖を使った洋菓子よりずっとヘルシー。
新年に今まで想像がつかなかったレシピに挑戦できてよかったです。
次回は全量で作って、
友人にも是非食べてもらいたいなぁ!って思いました。

なつめとしょうが茶 - 2014.01.20 Mon

風邪がようやく治りかけた頃...
韓国系のスーパーマーケットでナツメを見つけ、
しょうが茶を作ってみようか・・・と思い立ちました。
この本に掲載されていたレシピを思い出したのです。

040 [800x600] 

15,6年ほど前に購入した本ですが、
家庭の朝鮮料理レシピがたくさん掲載されています。
お肉料理が多いので、ここ数年出番は少なくなりましたが
一時期この本にはまって、
茄子やキュウリ、人参を使ったナムルや
こおばしい韓国風の焼き海苔など
手軽にできるレシピを選んで、色々作っていました。
各レシピに添えられたコメント、ご両親や子供の頃の思い出、
家族から受け継いだ愛用品のお話や写真がちりばめられていて、
時にはホロリとしたり・・・。
本を開くと、キョンファさん宅の賑やかな食卓が
目に浮かんでくるような気がして、あたたかい気持ちになれるのです(^^

しょうが茶にもどりますが、材料は乾燥ナツメとしょうが。

029 [800x600] 041 [800x600] 

韓国・チャイニーズ系のスーパーで見かけますが、
購入するのは初めて。
薬膳に使うのは知っていましたが
扱い方もわからないし、もちろん食べたこともありません。

しょうがはスライスし、ナツメを加え
水と一緒に20~30分ほど煮出します。
仕上げに漉して、はちみつとお砂糖を少々加えますが
歯を磨いた後も飲めるように(笑、
はちみちとお砂糖は加えませんでした。

098 [800x600]

叔父が焼いた小さなコーヒーカップに注いでみました。
かなりぴりっ!としていますが、ほんのりと甘さを感じます。
煮だしたなつめをおそるおそる食べてみると
けっこう甘みが残っていて、びっくりしました。
なつめって甘い食べ物だったですね...!

122 [800x600]
マヌカ・ハニーをスプーン1杯ほど加えて、美味しく頂きました。

このしょうが茶、のどの痛みによいとのことですが、
風邪にも効きそう。
あーもっと早めに作って飲んでいたら
風邪も長引かずにすんだのかもしれません...(苦笑。
ネットで調べてみると、ナツメはカリウム・鉄分が豊富で、
貧血・骨粗しょう症予防にも効果があるとか。

このしょうが茶、すっかり気に入りました。
二回目からは、しょうがを控えめにして煮出しています。
小袋に入っていたナツメがそろそろ底をつきそうだったので
週末はナツメがたくさん入った大パックを買ってきました(^^
しょうが茶だけでなく、ほかのお料理にも使えるように...。


クリスマスのテーブル - 2013.12.27 Fri

クリスマス・イブ、ほとんどのご近所さんは帰省したり
旅行にでかけてしまったようで、
家の電気が消えているところもおおく、
かなりひっそりしていました。
うちでは相方と二人で咳をしまくりながら賑やかに(?!)
スモークサーモンとサラダで手のかからない簡単な食事をとりました。
テレビのミサ中継に耳を傾けながら...

IMG_2175 [800x600]

風邪で体調がおもわしくなく、
結局クリスマス用のお菓子、まったく焼きませんでした。
元気でないと気力もわかないものなのですね。
お菓子は焼けなかったけれど...
友人たちがプレゼントしてくれたパンドーロやパネトーネ、
相方がミラノから買ってきてくれたパネトーネがありました。

IMG_2187 [800x600]

クリスマスに泊まりにきた友人も
お隣さんが焼いたというフルーツケーキを持ってきてくれましたし。

IMG_2189 [800x600]

それから毎年買っているベーカリーのおいしいミンス・パイも...。

IMG_2177 [800x600]

ミンス・パイ、軽く温めていただくとおいしいです。

IMG_2210 [800x600]

クリスマス・デイには相方が腕をふるい、ロースト・ディナー。

IMG_2191 [800x600]

クリスマスにはロースト・ターキーが一般的ですが、
あまりに大きすぎるので、わが家はローストチキンで。
たっぷり野菜を添えて。

IMG_2193 [800x600]

毎年、相方が作る「赤キャベツの煮込み」、友人にも大好評でした。
干しブドウ、シードル(リンゴ酒)、ブラウンシュガー、クローブやシナモンを
加えて土鍋でコトコトと煮ました。

食後の片付けを終えて、お腹がやや落ち着いた頃にいただく
クリスマス・プディング。
去年買ったものもまだ未開封だったので、
今年買ったプディングと一緒に蒸しました。

IMG_2203 [800x600]

ドライフルーツとナッツがギュッと詰まったクリスマス・プディングに欠かせないものは
ブランディー・ソース。

IMG_2202 [800x600]

ミルクにバニラ・ビーンズを加えて温め、
ほんの少量のデメララ・シュガーを加えて(ブディングがかなり濃厚なので)
葛でややとろみをつけて、最後にブランディーを加えて仕上げます。
どろっとしたソースが苦手なので、かなりサラサラです。

クルスマス・プディング、苦手な人も多いのですが
このブランディーソースをたっぷりかけていただくと
結構いけるのです。
一口だけで十分よ!
なんて敬遠していた友人も美味しい!と言って
お代わりしていました(^^

静かにすごしたクリスマスが終わりました。
一大イベントが終わり気が抜けたような気分に陥る暇もなく
一斉に冬のセールが始まり、街は活気づいています。

IMG_2243 [800x600]
ヒト大好きの王子もずっと居間で一緒に過ごしていましたよ♪

私の風邪もようやくよくなってきました。
体の中の悪いものを出し切って、
すっきりとした気持ちで新年を迎えたいものです。

土曜日のランチ - 2013.12.12 Thu

射手座の私、またひとつ年を重ねたので...
人でごった返す街に出て、
相方とランチをしてきました。

IMG_2080 [800x600]

焼きたてのパンも香ばしく、
食事も上品な量でちょうどよかったです。
(前夜、友人たちとの忘年会でチャイニーズをたらふく食べましたから...)

IMG_2068 [800x600] IMG_2073 [800x600]

デザートとコーヒーと一緒に出されるプチフールが
実は一番楽しみだったりして...。
IMG_2075 [800x600] IMG_2077 [800x600]

レモン風味のビスケットの上に柿のコンポートをのせて、
サバイヨンソースをかけたデザート、美味でした...!
相変わらずミラノに通い詰めている相方と
久々にテーブルを囲んでのんびりと食事を楽しみました。
お片付けのいらない食事って、ほんと贅沢ですね(^^

数日後、珍しく母からも国際電話がかかってきました。
- xx歳、おめでとう!
母は勘違いして、年を一年多めに言ってました。
この年になると、1年の間違いって(本人にとっては)
結構大きいのですが...汗。

そうそう、その週末はうちの王子様はお留守番でした。

IMG_2067 [800x600]

-ぼく、おいてけぼりだね...。

新米 - 2013.11.04 Mon

日本にしばらく里帰りしていたお友達から
お米をいただきました。
新米のコシヒカリ。
-えぇ~重いのにぃ!
と恐縮しつつも、思わず感激。
新鮮なうちに早めにいただかないと!というわけで
早速翌日、炊きました。
炊きあがったお米はつやつやで目がくらみそう。

015 [800x600] IMG_1341 [800x600]

-すっごくもちもちで甘い!
と相方もびっくり。
普段炊いているカリフォルニア産の5分搗き玄米が
かなりボソボソに思えてきそう(^^;
ひじきの煮物と一緒に真っ白な御飯を噛みしめながら
日本人でよかったなぁ...としみじみ思いました。
もちもちのせいか?腹もちがとてもよいです。
貴重なお米を持ち帰ってくれたお友達に感謝...涙。

ただ「放射能物質検査で安心・安全が確認されました」と貼られた
ラベルには胸がチクリと痛みます...。

チェリーとベリーの季節 - 2013.07.24 Wed

週末の朝の訪れたファーマーズ・マーケット。
チェリー、ストロベリー、グーズベリー、ラズベリーが勢ぞろい!

001 [800x600]

どれにしようか迷ったけれど...
今の時期にしか食べられないイングリッシュ・チェリーを
買いました。

012 [800x600]

チェリークラフティーやケーキが焼けるなぁ...なんて思ったのですが、
ちょっともったいない。

011 [800x600]

というわけで、今年初めて庭でとる朝食に
色をそえることになりました。
新鮮なチェリー、たんまり頬張りました(^^


夏のマーケットにて - 2013.07.17 Wed

週末、近所のマーケットでお野菜を仕入れてきました。

つやつやしたオーガニックの茄子とチェーリートマト。
茄子はちょっと多めの油で味噌炒めにしました。

036 [800x600]

チェリートマトは半切りにして、
つぶしたにんにくで香りをうつしたオリーブオイルで
さっと炒めてトマトソースにしました。

切り花も買ってきました。

016 [800x600]

カサカサして、そのままドライフラワーになりそうな
スターチス。

017 [800x600]

それから上品な香りのスィートピー。

018 [800x600]
スィートピーに顔を何度も近付けて、うっとり・・・。

露地もののイチゴはデザートに買いました。

020 [800x600]

チェリートマトもそのままつまんでも十分甘かったのです。
おやつにもなりそうでした(^^

夏日のランチ - 2013.07.05 Fri

今週末も夏日となりそうです。
先週末も気温が上がり太陽がさんさんと照りつけました。
そんな日にはスパイシーなものが食べたくなり、
久々に相方と外食。
インディアン・レストランへ出かけました。
メニューの中では一番お得な二人用の3コース・ランチメニューを注文。
ちょっと無理を言って、私にはベジ・カレーを用意してもらいました。

004 [800x600]

天気の良い週末、屋内のレストランでランチをとろうと思うイギリス人は少ないのか?
天上の高い、広々としたレストランはほぼ貸し切り状態(苦笑。
冷房がほどよく効いた店内で静かに落ち着いてランチが楽しめました。
でも、もう少し活気があったもよかったかな?

001 [800x600] 006 [800x600]

量も多すぎず、丁寧に作られたカレーも美味しく満足。
マンゴーアイスとスパイスの効いたアイスクリーム、
意外にサラッとしてさわやかにいただけましたよ。

ランチの後は人、人で埋まった公園を散策。

013 [800x600]

雰囲気には欠けるけれど、
小じんまりとした日本庭園もありました。

011 [800x600]

なにせこの日は暑すぎて、水の流れも
それほど涼しげに思えませんでした。

7月に入り、ようやく夏らしくなってきたようです(^^

チャコールグレーの朝 - 2013.03.20 Wed

こんな天気だとふと口ずさみたくなるのは...
ユーミンの「かんらん車」。

IMG_4912 [800x600]

十代の頃買ったユーミンのアルバム...と言っても「カセットテープ」ですが(苦笑)、
「流線形’80 」に収録された曲です。
今でもそのカセットテープが手元にあって
年に数回だけですが、時折思い出したように聴いています。
(このテープ、伸びきることもなく、今なおしっかり再生できるのです...!)
「かんらん車」、このアルバムに収録されている「ロッジで待つクリスマス」と並んで
当時、何度も何度も巻き戻して、聴き込んだ曲です。
あの頃、詩の世界観にあこがれ、
この曲を聴く度、心は独り「冬空の旅人」になりました。
暗い子だったんですね...苦笑。
「チャコール」という響きの良い言葉もこの歌で覚えました。

前置きが長くなりましたが...
こんな天気が続くと気分までもチャコールグレーに
曇ってきそうです。
そんな週末、片頭痛に襲われそうな予感がしました。
何だか久々におかゆが食べたくなりました。
梅干しのピュレーも添えて。
前の晩、ちょうど人参とスクワッシュ(ひょうたんの型をしたかぼちゃ)を
たっぷり入れたお味噌汁もあったし。

IMG_5021 [800x600]

それから私の漬けたぬかずけも。
初めてラディッシュを漬けてみました。
ぬか床が赤く染まって焦りましたが...
ラディッシュの真っ赤な色が薄れ、
中まで桜色に染まり
目に美しいお漬け物になりました。

日本にいたら、単なる素食なのでしょうが
私には最高の「コンフォート・フード」(癒し食)です(^^
こんな朝食をいただいたら
何だか元気がでてきて気持ちも上向きになってました!

IMG_5026 [800x600]

相方の朝食?
わたしと向き合って、
ミルクティーにクロワッサンをほおばっていました。
これがこの日、相方にとっての「コンフォート・フード」だったよう...笑。

たこ焼きたらふく - 2013.03.14 Thu

友人のお宅で「たこ焼き」をたらふくいただきました。
関西出身の「たこ焼き奉行」の敏捷な手裁きにも
目を奪われました。
たこ焼きを「おだし」にさっと通して食べてみたり、
関西流の食べ方も初体験・・・。
関西ではタコ焼きにお餅を入れることもあるとか!
そして、夕食にたこ焼きなんてことも普通にあるそうです。

IMG_3812 [800x600]

米どころ東北で育った私には
たこ焼きはお祭りの屋台とかで買う
「スナック」みたいなものであって、
メインのご飯になり得ないものでした。
地方によって食文化もずいぶん変わるのですねぇ(^^

IMG_3816 [800x600]

次から次へと焼き上がる美味しいたこ焼きを
(友人たちと競うように...苦笑)
これほどまで食べたのは人生で初めてかも...。
ロンドンでまたひとつ、貴重な体験をしました(^^

日曜の朝 - 2013.01.24 Thu

雪が舞い散る朝、

IMG_2732 [800x600]

ねこの額の庭も雪化粧。

IMG_2739 [800x600]

窓の外を眺めながら、ぶるつ!と身震い。

ふと冷凍庫にお正月用に煮た小豆があったのを
思い出しました。
-お汁粉食べたい!

IMG_2736 [800x600]

残念ながらお餅はないけれど、
心も体も温まりそう(^^

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’17 (29)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'17 (26)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (20)
お菓子作り-2017 (32)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (46)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (15)
 -小林カツ代さん (11)
 -加藤久美子さん (8)
 -山本麗子さん (6)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (8)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (11)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (8)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (15)
 -大原照子さん (13)
 -北野佐久子さん (14)
 -マーマレード作り (13)
アメリカン・ケーキ (38)
 -渡辺みなみさん (25)
 -アーミッシュの焼き菓子 (15)
「和」のおやつ (14)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (13)
 -入江麻木さん (9)
 -赤毛のアンのレシピ (13)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (80)
ロンドン (82)
植物 (154)
見る 聴く 読む (37)
身の回りのもの (68)
旅-日本 (48)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ドイツ (7)
 -フランス (46)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (31)
 -ベルギー (15)
 -イタリア (25)
未分類 (0)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する