Admin TopEntryEdit

我が家のにゃんこ・プリンスとお菓子を焼く日々のこと...

2018-07

王子とスポーツ観戦 - 2018.07.16 Mon

キューガーデンからもどって
ソファーに倒れこみました。
偏頭痛がひどくなってきたので
鎮痛剤を飲んで、ボーとした頭で
テニスとサッカーの決勝を観戦。
選手たちは、勝負をかけて
必死で戦っているというのに
申し訳ないです...汗。

20180716234315f7b.jpg
王子も庭からもどってきて
一緒に。

フランスに負けてしまったクロアチア。
表彰式での突然の激しい雨は
選手たちの無念さが
降らせたような気さえしました。
最優秀選手に選ばれたモドリッチ選手の
張り詰めたような表情も
切なかったです...。
最後まで戦い抜いたクロアチアに
大きな拍手を送りたいです。

夏のメインイベント、
ウィンブルドンもサッカーも
終わってしまいましたねぇ...
なんとなく寂しい気がします。

ひとりKew - 2018.07.16 Mon

週末は再び真夏日。
まだ気温が上がりきる前にと思い
午前中、キュー・ガーデンへ。

20180716191011bda.jpg

それでも、すでに日差しが強く
暑かった...。
日陰を選びながら散策。

水辺のベンチでしばし休憩。
20180716190540541.jpg
ひらひらと舞う蝶々やトンボを
ぼんやりと眺めながら...。

紫陽花の茂みも発見。
20180716190425731.jpg 201807161904269d7.jpg

青い紫陽花が
清々しい...!

20180716190423d87.jpg

イングリッシュ・ガーデンの花も満開。
ミツバチたちがせっせと働いていました。

201807161905411a3.jpg 20180716190422d90.jpg
久々に見た桔梗もきれいだなぁ!

201807161905443dd.jpg
白鳥も木陰で涼んでいました。

あまりの暑さにこの日は
日傘をさして。
帽子よりずっと風通しが良いので(^^

2018071619072050c.jpg

だいぶ前に日本で買った
またのあつこさんの日傘。
ようやく使う機会が訪れた…!

帰宅すると偏頭痛が...。
朝からかすかな予感があったのだけれど、
さすがに歩くには暑すぎたのかもしれません...。

ベリーのスポンジケーキ - 2018.07.16 Mon

今回のスポンジケーキは
ブルーベリーとストロベリーの組み合わせ。

2018071619072314a.jpg
今回は、フルーツはやや少なめ。

こう暑くなると焼き菓子は
それほど欲しいと思わなくなりますが
こんな軽めのフルーツケーキなら
お代わりもできてしまいます(^^

さくらんぼとねこ - 2018.07.16 Mon

庭で涼みながら
ぷりぷりのさくらんぼを
つまんでいると…

20180716191013812.jpg

塀の上にお客様が...。

201807161907244f6.jpg
オスカーの毛、
最近白っぽくなってきたような気がしますが
まさか暑さのせい…?!

最近、外猫(庭猫)になりつつある王子が、

20180716190543c71.jpg

厳しい形相でじっと見つめます。

2018071619072139d.jpg

誰の庭か分かっているんだろうね...!

日帰りのリール - 2018.07.16 Mon

先週は片道£29のユーロスターのチケットで
フランス・リールへ。

201807131824159d9.jpg 20180713182413ec0.jpg
イギリスでは暑い日が続いているせいか
気温20度ちょとのリールが
肌寒く思えました。

ロンドンから1時間半、
電車で揺られただけなのに
まったく言葉の違う国に着いてしまうのも
不思議な気分…。

20180716222021444.jpg

「みんなでフランスを応援しよう!」という
垂れ幕がかかってました。
フランスがW杯で決勝を決めた翌日でもあったので
フランス人もご機嫌だったのでしょうね。

到着早々、クレープ・レストランで
ランチ。
20180713182522788.jpg 20180713182418735.jpg
相方はデザートもクレープを注文。
レモンとお砂糖、バターだけの
シンプルなクレープ。

今回は、電車とバスを乗り継いで
現代美術館へ。
20180713182156e1a.jpg

リールの中心地から30分ほどなのに
のどかな風景がひろがっていました。

20180713182200909.jpg 2018071318215412d.jpg

現代美術は自分には難しく思えますが...
ゆったりとした空間の素敵な美術館でした。

20180713182414e97.jpg 20180713182417022.jpg
敷地内に設置されたオブジェを見ながら
散策するのも楽しい...!

そうそうリールの駅前には
草間さんのオブジェもあります。
20180713182154f9c.jpg
直島で見たかぼちゃのオブジェが
懐かしくなりました。

日帰りのつかの間の旅だったけれど
良いサマーホリデー(?!)になったと
思います。

余談ですが・・・
リールからロンドンに到着すると
街はひっそりしていました。
この晩は、イギリスとクロアチアの
準決勝が行われたのです。
乗り込んだ電車が遅れていて
行き先がコロコロと代わり
電車を降りたり、また乗り込んだり...と
翻弄されました(汗。
「ワールドカップなのに~!」と
切れて叫んでいた女性もいたりして(^^;
ようやく電車が発車すると
安堵のため息と歓声が上がりました。
残念ながらこの日、
イングランドは破れてしまいましたけれど...。

エッグ・カップ - 2018.07.16 Mon

我が家にやってきた
エッグカップ。

20180713182736525.jpg

長年使っていた
IKEAのガラスのエッグカップが
欠けてしまったので。
相方がデパートで見つけて
買ってきてくれた。
尻尾の部分、壊さないように
大切に扱わないと...!

二度目のピカソ展 - 2018.07.13 Fri

友人を誘って、二度目のピカソ展。
イングランドの試合があった日だったので
テート・モダンはガラガラ。
おかげでゆっくり落ち着いて
絵を見ることができました。

20180713182737742.jpg

今回はちゃんと
絵の説明を読みながら鑑賞。
1932年に製作された作品が中心ですが
ロシア人の正妻で
バレリーナだったオルガ、
娘(孫?)ほど年の離れた愛人、
マリー・テレーズの絵が
あまりに対照的...。
ピカソって
嫌な男だったんだなぁと
思えてきてしまった…苦笑。
描かれた絵の背景を知ると
絵の印象もだいぶ
変わるものです。

友人と待ち合わせた時間が
夕方だったし、
絵を見終わった後に
テートのメンバーズ・カフェで
久々に会う友人と
おしゃべりしていたら
帰りは10時近くに。
それでもまだ空は
ほんのり明るく、
テムズ川は穏やかに
流れていました。

20180713182528678.jpg

震災に引き続き、
多くの犠牲者を出した集中豪雨。
甚大な被害に言葉もありません。
被災された方々に
心からお見舞い申し上げます...。

真夏日 - 2018.07.07 Sat

目覚めると
雲ひとつない空。

20180707164950150.jpg

今日は31度まで
気温が上がるそう…大汗 。

20180707164956273.jpg

王子もバテ気味です…!

ベルリン -Ⅴ- - 2018.07.07 Sat

忘れた頃に再び…
6月に訪れたベルリンの雑記。

---

朝食の後、まだ気温が上がりきる前に
ぶらぶら歩きながら
ハッケシャ―・ホーフへ。

2018062116373728b.jpg
懐かしい雰囲気が漂う
旧東ベルリン地区。

住宅街の中に
おしゃれなお店やカフェが
ありました。
時間が早すぎて大半のお店が閉まり
閑散としていましたが
憧れの靴屋さん、トリッペンも...!

20180615201139ed8.jpg 20180615201814455.jpg

ここに住んでいる人にとっては
観光客が押し寄せると
落ち着かないかもしれませんね...。

201806152011382d0.jpg

後で知ったことですが…
ハッケシャーホーフの近くには
「オットー・ヴァイト視覚障害者作業所」という
小さな博物館があるそう。
大戦中、オットー・ヴァイトという方が
自分の工場で目の不自由なユダヤ人を雇用し
かくまった場所でもあるとか。
次回ベルリンを訪れることがあれば
是非訪れたいです。

2018062116374094d.jpg

そこから、次の目的地
ペルガモン博物館へ。
こちらは、すでに観光客で
にぎわっていました。
館内はムシムシしていて
汗がわっと出てきました。
ホットフラッシュも手伝って...汗。

20180615201140791.jpg 20180615201142932.jpg
藍色が美しい「イシュタル門」

大英博物館のドイツ版という感じの
博物館。
見ごたえがありました。
ただ、静かに見学したかったら
開館すぐか、夕方に来るのが
良いのかもしれません...。

201806211632542c5.jpg
ベルリンの大聖堂

息苦しかったので、
見学を終え、外の空気を吸ったら
ほっとしました。

ばらが咲いた! - 2018.07.06 Fri

ある日、気がつくと
庭の弱々しいばらが
小さな黄色い花を咲かせていました。

201807060312020fa.jpg

20年近く前に植えてから
一度も咲いたことがないのに。
最近、真夏日が続き、日当たりの悪い庭も
気温が高いせいでしょうか…?!
とにかく嬉しいサプライズでした!

さくらんぼのケーキ - 2018.07.04 Wed

さくらんぼの季節には、
さくらんぼたっぷりの
ケーキを焼かないと…!

20180702053754f31.jpg

街角のストールで、
さくらんぼも安かったので
買ってしまったのです。
酸味が強かったけれど…。

201807020538003be.jpg

切り分けると
真っ赤なさくらんぼが
顔を出します。
20180702053752885.jpg

焼いた翌日には
さくらんぼからの水分のおかげで
さらにしっとり。


ブルーベリー・スポンジケーキ - 2018.07.03 Tue

街角のストールで
一山、£1(約145円)のブルーベリーを購入。

20180702054113245.jpg
先日焼いて、冷凍しておいたスポンジも解凍。

凍ったままのスポンジのくぼみに
市販のカスタードソースを
たっぷり流し込み…

2018070205410661e.jpg

ブルーベリーを
たっぷりのせました。

201807020539347ca.jpg

ケーキが出来上った頃には
スポンジもちょうどいい具合に
やわらかくなりました。
この日も真夏日で扱ったけれど
庭で、ひんやりと軽いブルーベリースポンジを
ほお張りました。

201807020539348f4.jpg

カスタードソースがゆるめだったので
切り分けると…
ブルーベリーが雪崩れを
起こしました(^^;

サッカー - 2018.07.03 Tue

ハラハラするので
途中結果だけをチェックして
テレビは見ないでおこう...
と思っていました。
後半戦、サッカーを見ていた相方の
-点はいったよ!
という一声で考えを改めました。

手に汗を握って見ている間、
王子はというと...

20180703052413e28.jpg

緊張感ゼロ...
ス~ピ~と
寝息を立てていました。

惜しくも逆転負けとなってしまいましたが...
日本、よく健闘したと思います。

201807030524150e0.jpg

平和ぼけした安らかな王子の寝顔を見ていたら…
すこし気持ちが和みました。

午後のKew - 2018.07.03 Tue

真夏日が続いています。
ロンドンでも水不足が
心配されはじめています...。

先日、半日お休みを取って
キューガーデンに行ってきました。
初めて平日に訪れましたが、
人が少なく、落ち着けます。

20180618053228fc4.jpg 20180618053221099.jpg

暑いので、途中何度も
木陰のベンチで休憩。
一旦座ると、おしりに
根が生えたかように
なかなか立ち上がれません。
蓮池の前のベンチで涼んでいると
手にトンボが止まっていて
びっくり…!

20180702054235789.jpg 2018061805332662c.jpg
6月に咲き誇っていたばらにも
盛りを過ぎ、疲れた感じ...。

前回来たときには、
木の上で鳴き声をあげていた
孔雀も地に足をつけて。

20180702054238c66.jpg 20180702054234573.jpg
テンプレートハウス(温室)の中も
暑かった…。

一緒に歩いた友人は
森林浴って良いねぇ...。
たくさんの植物に触れて、
目も良くなったような気がする...
と言ってました(^^

20180702054231aa8.jpg

二週間ほど前に届いた
メンバーズカード。
しっかり活用しないと…!

ベトナム料理の晩 - 2018.07.02 Mon

久々に友人たちとディナー。
その晩は、イングランドのサッカー試合があったので
レストランも貸切状態。

2018070205433219f.jpg
必ず頼むベトナムの冷麺。

生春巻きや、なすの炒め物も
欠かせません。
20180702054337984.jpg 20180702054336fd7.jpg

デザートがわりに頼んだ
ベトナム風コーヒー。
コンデンスミルクのこっくりとした甘み。

201807020544286a5.jpg

お店にコーヒー・フィルターが3つしかない・・・ということで
3杯のコーヒーを5人でシェア(笑。
夜にコーヒーは口にしないことにしているので
(眠れなくなる…!)
私はほんの少しだけ味見させてもらいました。

わいわいとたわいないおしゃべりをしながら
いただくご飯って本当においしい。
真夏日のエスニック料理も
いいものですね。
現地で食べている気分に
なれたりして…。
レストランを出て、駅へ向かう途中、
パブの前で警備に当たっていた
警官のおにいさんに
「試合の結果はどうでした?」
と聞くと、イギリスは残念な結果だったと
教えてくれました(^^;

久々の外食、心から楽しみました。

夜のバナナケーキ - 2018.06.30 Sat

仕事から帰って
焼いたバナナケーキ。

2018062705055786b.jpg

庭に座り、
王子をはべらせ...?

20180627195155cb3.jpg 20180627195157945.jpg

焼きたてのふわふわのケーキを
ほお張る幸せといったら...!

ラズベリーとレモンカードのスポンジケーキ - 2018.06.27 Wed

スポンジケーキ用のフラン型を購入。
多仁亜さんのドイツ菓子のレシピ本を見て、
このフラン型でスポンジケーキが
焼きたくなってしまいました。
ベルリンのデパートで
この型を探したのですが...
直径30センチほどの大きなものしかなく
購入を断念。
結局、アマゾンのマーケットプレイスで
直径20センチのフラン型を注文しました。

20180627050546679.jpg

最初に配達されたフラン型、
底のふちが錆びていました。
返品不要です・・・と言われ、
すぐに別の型を送ってもらったので
手元に二つも型が...。
実は二回目に送ってもらった型も
外側のふちの部分が少しだけ
錆びついていました(汗。
型の外側ならケーキを焼くのに
支障がなさそうなので、
もう何も言いませんでした(苦笑。

早速、卵4個使って
二つのスポンジケーキを
焼いてみました。

2018062419350320a.jpg

ひとつは冷凍。
もう一つのスポンジは
お手製のレモンカードをくぼみに広げ
旬のラズベリーをのせて仕上げました。

20180624193204b41.jpg

こんなフルーツケーキが本場のドイツでは、
この型で焼いたスポンジ台が
スーパーで買えたりします。
自分で好みのフルーツをトッピングして
食べられるように。

ベリーがおいしい季節ですから、
次回はカスタードソースの上に
ブルーベリーか苺を
たっぷりのせたスポンジケーキに
するつもりです(^^

怒れる王子 - 2018.06.25 Mon

ある夜、王子が突然
ウギャ~!という
すごい雄たけびを上げました。

なんとあの「タビー・キャット」が
いつの間にかキッチンに
上がりこんでいました(汗。

20180624193200354.jpg
きりっ!

王子がその子をめがけ
パンチを食らわせようとし、
その子も応戦の構えを
みせていました…。
慌てて駆け寄ると、
タビーは一目散に逃げていきました。

王子も立派な男子だったのですね...!
(その後はピーピーと弱々しく鳴いて
甘えてきましたが…)
王子も相当頭にきたのでしょう。
流血騒ぎにならなくって何よりでした。

とっても人懐っこい子だったけれど
王子のためにも、あの子のためにも
タビーには、甘い顔を見せちゃいけないのだと
反省...。

庭の紫陽花 - 2018.06.25 Mon

庭の紫陽花がぐんぐんと育ち始め
あっという間に私の背丈ほどに...。

20180624193202ddf.jpg

コンポストの脇に植えたから
栄養が良すぎるのかも...?

少しづつ花も咲かせ始めました。

201806241935044ec.jpg

花の開き初めは
かすかに緑色、
満開になると真っ白に。
花が終わる頃には
うっすら紫色に変わります。
花びらの色の変化も楽しみ...!




青空 - 2018.06.22 Fri

雲ひとつない
澄み渡った今朝の空。

2018062221343913c.jpg

空気はひんやりしてるけれど、
初夏をしみじみと感じました。
ヨーロッパではじめて過ごした
爽やかな夏の記憶が甦ります。

短いイギリスの夏、
しっかり楽しみたい…!


個展 - 2018.06.22 Fri

数日前に開催された「ノリさん」の
トークイベント。
あまりに楽しかったので
仕事帰りの夕方、
個展を見に行ってきました。

20180622054112e0b.jpg

気軽にフラッと入れ、
細かく書き込まれた作品を
じっくり楽しめる空間も
心地よかったです。
ご本人も会場で
お見かけしました(ドキドキ…!)

20180622050429b30.jpg
久々に見上げたモニュメント
「Monument to the Great Fire of London」

久々にシティ経由で
帰宅。

 - 2018.06.22 Fri

通勤途中、
思わず足をとめて。
なんてシックな花のとり合わせ…!

20180622050445496.jpg

6月も後半に。
紫陽花が咲き始めています。

ベルリン-Ⅳ- - 2018.06.20 Wed

今回のベルリンでは
ホテルで朝食をとらず
カフェに出かけました。

「 Zeit für Brot」 というベーカリーの
ルバーブ・ロールとサンドイッチ。
シナモンロールはかなり大ぶり。
相方とシェア。
パン、コーヒーともに
おいしかった...!

2018061520181359f.jpg

入店したときには
それほどでもなかったのに
どんどんお客さんがやってきて
お店の外まで列が出来ていました。

こちらはトルコ系のカフェで。

201806132348388cb.jpg 201806132348385d7.jpg

観光に忙しく、ランチを食べそこね...
午後3時近くに涼みながら
「朝食メニュー」を注文。
食べ応えがあり、大満足。

そうそう、ベルリンでは
雀の大胆不敵さに
驚きました。

20180614231838cbb.jpg

カフェやレストランの外に座れば
足元にやってきて
おこぼれを狙っているし、
時には開け放ったカフェの窓から
室内にまで飛んできて
お客さんが残していったパンを
ついばんでいたり…
とにかくたくましく
生きていました(^^;

ベルリン-Ⅲ- - 2018.06.20 Wed

今回、ブランデンブルグ門近くにある
国会議事堂(Reichstag)の
ガラスドームを見学しました。

事前にオンラインで予約をいれ、
当日はパスポートを提示し、
セキュリティーチェックを受けました。
少し待った後、
ようやくドームへのエレベーターに
乗り込むことが出来ました。

20180615201811d11.jpg

音声ガイドに耳を傾けながら
ガラスドームの頂上を目指して
歩きました。
ドームのガラスは
政治の透明性を象徴している…
という言葉が
すごく印象に残りました。

ベルリンの街も一望できるし
入場料も音声ガイドもフリー。
おすすめです。

ベルリン-Ⅱ- - 2018.06.20 Wed

二度目にベルリンを訪れたのは
1989年。
ベルリンの壁が倒れた年でした。
その年の大晦日、壁が倒れたことを祝い、
ブランデンブルグ門で
新しい年を迎えるために
多くの若者がベルリンを目指しました。
当時、ドイツで働き始めたばかりの私も
そんな若者たちのように
ベルリンへ飛び、
ブランデンブルク門で
1990年を迎えました。

20180613235642ba7.jpg

あの頃はブランデンブルグ門は
東ベルリン側にあり、
私のような外国人は
チェエクポイント・チャーリーから
東へ入国しなければなかった筈ですが
年越しの夜は、
大勢の人たちに押し流されるように
ブランデンブルグ門を超え、
東側に足を踏み入れてしまいました。
寒さは厳しかったけれど
すごい熱気が漂っていました。

当時、ベルリンのホテルは
どこも満室。
結局、地下鉄駅のホームで朝まで過ごし、
朝一の飛行機でとんぼ返り...。
若さがなせる業だったのでしょう(苦笑。
今は、そんな無謀なことしようと思わないし、
体力的にも無理…。

20180613235359e17.jpg

29年ぶりに訪れた
ブランデンブルク門。
東と西を分断していた壁は跡形も無く
歩いて通過できます。
観光客が集まり、開放的で
ゆったりした時間が流れていました。

サラダ・ランチ - 2018.06.19 Tue

旅行は楽しいけれど
外食が続くのが
ちょっとつらい...。

20180618054018e30.jpg

野菜が無性に食べたくなって
旅先からもどった週末は
サラダ・ランチ。

ベルリへ -Ⅰ- - 2018.06.19 Tue

先日、ベルリンに行ってきました。
ベルリンを訪れるのは約30年ぶり。
80年代に3度ほど訪れていますが
街があまりにも変わっていて
初めてやってきたような気分に...。

20180613235356c98.jpg

初めてベルリンを訪れた時、
ドイツは東と西に分断されていました。
当時、ベルリン行きの夜行電車で寝ていると…
突然、寝台のコンパートメントのドアがガラッ!と開き、
懐中電灯で容赦なく
顔を照らされました。
東ドイツの入国検査でした…。

西ベルリンに到着すると、
入国のショックを吹き飛ばすかのように
いい時間が過ごせました。
ゲストハウスで知り合った日本人の青年たちと
一緒に観光。
彼らが「舞姫」の撮影でベルリンに滞在していた
郷ひろみ夫妻と遭遇した…と聞いて、
(当時の奥様は「リー」こと二谷友里恵さん)
うらやましがったたり…笑。
当時、ものものしい雰囲気の
チェックポイント・チャーリーから
東ベルリンへも行きました。

2018061323535609c.jpg

東ベルリンのテレビ塔前でベンチに座っていると、
中国人留学生の女の子たちに話しかけられ、
一緒に記念写真と撮って、
色々おしゃべりしたのも
良い思い出。

20180613235039bbe.jpg 20180613235036c4b.jpg

現在のチェックポイント・チャーリー跡地。
マックが出来ていたり、
アメリカ兵に扮した男性たちと
記念写真も撮れるよう...。
当時をしのばせるのは
看板くらい...

当時、入国の際に換金させられた
しわくちゃで、おもちゃみたいに
小さな東ドイツ・マルク紙幣。
ソフトドリンクくらいしか
買うものがなくって
使い切れなかったことも
思い出しました。

今回のベルリンは、連日真夏日で
日中は30度ちかくありました。
汗だくで観光しました。

20180613235638b15.jpg
暑かったのでベトナム・カフェで
涼んでみたり…。

そういえば、
初めて訪れたベルリンも暑く
日差しが強かったです…。
遠い昔を思い出しながら
少しずつ、街のスナップを
更新していこうと思います。

くるみのパイ - 2018.06.19 Tue

くるみをたっぷり詰め込んだ
パイ。

20180618052806fa7.jpg

パイ生地に
バターとココナツオイルを加えて、
さくさくの歯ざわりに。
フィリングには、
ブラウンシュガーとメープルシロップを加えて
甘さは控えめに。

201806180528045af.jpg

カツ代さんのピーカンパイのレシピを
くるみに代えて作ってみました。

ガーデン・テーブルの王子 - 2018.06.19 Tue

永遠のライバル、
オスカーに負けじと...?!
ガーデン・テーブルの上に
王子もジャンプ!

201806180530443f5.jpg

残念ながら…
地面から一気に飛び上がれないので
まず椅子に飛び乗ってから
テーブルへ。

201806180530447a1.jpg

庭の侵入者には
常に目を光らせていないと...。


レモン絞り器とオレンジの花水 - 2018.06.19 Tue

ようやく普通のレモン絞り器を購入。
(長年愛用のレモン絞り器、割ってしまいました…)
お店をあちこち見て回ったけれど
シンプルなガラス製のものが
まったく見つからず...
ふと思い立ち、
中東系の雑貨屋さんを覗いてみたら
ようやく出合えました。
しかもたったの£1.90(約280円)。
一応フランス製。

20180618054016636.jpg

それから、夏になると出番が多くなる
オレンジの花水。
この花の香りがとても好き...。
この花水も中東系のスーパーや
ヘルスショップで買えます。
フルーツサラダや炭酸水に少量加えたり、
ケーキの風味付けにも重宝。
たくさん入れすぎると
香水を食べているような味に
なってしまうので
使用量にはぐれぐれも注意…!
なかなか賞味期限内に使い切れないけれど
ちょっと風味が変わりつつあるなぁ...と
思ったらお風呂にいれて
使い切ってしまいます。
オレンジの花水のバスが
楽しめます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

愛ネコ、お菓子作り、日々雑感…。

Isis(イシス)

Author:Isis(イシス)
***
感情のおもむくままに更新…。
リンクはご自由にどうぞ。

最新記事

カテゴリ

先代アップルとせっちゃんのこと (3)
    -アップル (39)
    -せっちゃん'08 (13)
    -せっちゃん'09 (83)
    -せっちゃん'10 (109)
    -せっちゃん'11~ (12)
チンチラ・プリンスを迎える (6)
-プリンス便り’18 (22)
-プリンス便り’17 (40)
 -プリンス便り’16 (20)
 -プリンス便り’15 (35)
 -プリンス便り’14 (56)
 -プリンス便り’13 (57)
 -プリンス便り’12 (79)
 -プリンス便り’11 (83)
日々の覚書'18 (49)
-'17 (48)
-'16 (47)
-'15 (21)
-'14 (25)
-'13 (27)
-'12 (31)
-'11 (46)
-'10 (67)
-'08-09 (96)
Greetings (21)
お菓子作り-2018 (21)
-2017 (50)
     -2016 (26)
     -2015 (11)
     -2014 (19)
     -2013 (22)
     -2012 (24)
     -2010~11 (35)
 -藤野真紀子さん (50)
 -堀井和子さん (12)
 -大川雅子さん (19)
 -小林カツ代さん (12)
 -加藤久美子さん (10)
 -山本麗子さん (7)
 -小嶋ルミさん (19)
 -門倉多仁亜さん (15)
 -石井麻理さん (7)
 -マテスク里佐さん (8)
 -津田陽子さん (12)
 -若山曜子さん (14)
 -鮫島正樹さん (7)
 -上野万梨子さん (8)
 -河田勝彦さん (5)
 -ホルトハウス房子さん (13)
イギリスのお菓子 (23)
 -大原照子さん (14)
 -北野佐久子さん (16)
 -マーマレード作り (20)
アメリカン・ケーキ (42)
 -渡辺みなみさん (28)
 -アーミッシュの焼き菓子 (17)
「和」のおやつ (19)
昭和のお菓子作りから (10)
 -宮川敏子さん (17)
 -森山サチ子さん (9)
 -中城裕美さん (15)
 -入江麻木さん (9)
 -赤毛のアンのレシピ (13)
 -non-no(ノンノ)のお菓子 (9)
フード (100)
ロンドン (83)
植物 (175)
見る 聴く 読む (38)
身の回りのもの (70)
旅-日本 (55)
 - 北欧 (4)
 -ハンガリ- (2)
 -スイス (9)
 -スペイン (27)
 -プラハ (13)
 -ドイツ (12)
 -フランス (47)
 -イスタンブール (13)
 -イギリス (32)
 -ベルギー (17)
 -イタリア (25)
未分類 (2)

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する